感染の危険知りつつソープランドへ出勤…支援対象外で働かざるを得ない女性の実情

新型コロナウイルス

2020/04/15 17:00

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための休校に伴い厚生労働省が新設した補償制度で、政府は当初、風俗関係者を休業補償の対象外とするとしていた。これは世論の反発を受けて撤回に追い込まれたが、法の下の平等という憲法の大原則を無視した事実は消せない。AERA 2020年4月20日号では、風俗関係者への支援の必要性について改めて考えた。

あわせて読みたい

  • 風俗関係者の補償除外にデリヘル嬢「悪意しか感じられない」 “官製差別”は憲法違反だ

    風俗関係者の補償除外にデリヘル嬢「悪意しか感じられない」 “官製差別”は憲法違反だ

    AERA

    4/14

    経産省のコロナ補助金、性風俗業者はなぜ対象外? 対象に含めた厚労省との違いめぐり法廷で論争へ

    経産省のコロナ補助金、性風俗業者はなぜ対象外? 対象に含めた厚労省との違いめぐり法廷で論争へ

    AERA

    9/11

  • 性風俗業者のコロナ補助金対象外 不遇な扱いによる納税意欲の低下は「自然な気持ち」

    性風俗業者のコロナ補助金対象外 不遇な扱いによる納税意欲の低下は「自然な気持ち」

    AERA

    9/12

    フーゾク店で働くママが急増!? 性風俗のいびつな現場とは?

    フーゾク店で働くママが急増!? 性風俗のいびつな現場とは?

    BOOKSTAND

    2/16

  • Zeebraが小池都知事にもの申す「夜の街名指しはフェアじゃない!昼と夜の線引きなき補償を」

    Zeebraが小池都知事にもの申す「夜の街名指しはフェアじゃない!昼と夜の線引きなき補償を」

    週刊朝日

    4/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す