心愛さん虐待死事件 父親が流した「自分がかわいそう」の涙…虐待加害者の心理とは

2020/03/27 11:30

 その凄惨さに多くの人が衝撃を受けた千葉県野田市の栗原心愛(みあ)さん虐待死事件。懲役16年の実刑判決を出された、父親の勇一郎被告はどのような人物なのか。事件の背景や裁判の様子を取材したAERA 2020年3月30日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「みーちゃん、ごめんなさい」と涙で謝罪しつつ暴行一部否定 千葉県野田市の虐待事件初公判

    「みーちゃん、ごめんなさい」と涙で謝罪しつつ暴行一部否定 千葉県野田市の虐待事件初公判

    AERA

    2/21

    虐待死の心愛さん「救えた命だった」 もし児相職員が報告書を読んでいたら…

    虐待死の心愛さん「救えた命だった」 もし児相職員が報告書を読んでいたら…

    AERA

    3/27

  • “結愛ちゃん虐待死事件”高裁も母親に懲役8年 「司法は母親に責任を押し付けている」の声も

    “結愛ちゃん虐待死事件”高裁も母親に懲役8年 「司法は母親に責任を押し付けている」の声も

    AERA

    9/8

    「自分が正しい」と虐待した30代父親のゆがんだ“正義” 児童福祉法改正されても解決できない悪夢とは?

    「自分が正しい」と虐待した30代父親のゆがんだ“正義” 児童福祉法改正されても解決できない悪夢とは?

    dot.

    3/20

  • 野田女児虐待死事件の背景に「マインドコントロール」 DV被害者に働く心理とは?

    野田女児虐待死事件の背景に「マインドコントロール」 DV被害者に働く心理とは?

    AERA

    7/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す