新型コロナ終息は「今年の11月以降」 インフルエンザ専門家の見通し

新型コロナウイルス

2020/03/17 11:30

「国内では感染の有無を判定するPCR検査が十分になされていないため、そもそも感染状況を把握できるはずがありません」

 厚生労働省と総務省による公表データから同研究所がまとめた人口100万人あたりのPCR検査数(3月2日現在)は、韓国の約2千人に対して、日本では200人超にとどまっている。イタリアでも約400人と、実施数は日本の倍近くある。

 世界で広がる感染拡大の終息の見通しについても、楽観論に傾く要素は見つけにくいという。インフルエンザ対策の権威で、けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師はこう指摘する。

「夏場になって日本など北半球でいったん終息しても、冬季に突入する南半球で感染拡大の危険性がある。世界のインフルエンザ研究者は概ね終息の見通しを『第2波以降』とみています」

 第2波とは、シーズンをまたいだ次の冬、つまり今年の11月以降ということだ。(編集部・小田健司、大平誠)

AERA 2020年3月23日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • インフル×コロナ、「ツインデミック」への警戒強まる 感染予防のためにできること 

    インフル×コロナ、「ツインデミック」への警戒強まる 感染予防のためにできること 

    AERA

    9/24

    今季のインフルエンザはどうなる? 新型コロナとのダブル流行はあるのか

    今季のインフルエンザはどうなる? 新型コロナとのダブル流行はあるのか

    週刊朝日

    10/16

  • ワクチン効かなくなる可能性も…ゲノム医療の第一人者が警鐘を鳴らす「コロナ強毒化」

    ワクチン効かなくなる可能性も…ゲノム医療の第一人者が警鐘を鳴らす「コロナ強毒化」

    週刊朝日

    6/2

    「持ちこたえている」から一転 五輪延期翌日に「感染爆発」 ちぐはぐな対応が招いた混乱

    「持ちこたえている」から一転 五輪延期翌日に「感染爆発」 ちぐはぐな対応が招いた混乱

    AERA

    3/30

  •  コロナ禍でまさかのインフル感染!?疑わしき症状が出たらどうすべきか

    コロナ禍でまさかのインフル感染!?疑わしき症状が出たらどうすべきか

    ダイヤモンド・オンライン

    2/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す