米ネットフリックス幹部が語る日本市場 巨額な制作費も「ハリウッド水準と分けていない」

2020/03/12 11:30

 動画配信サービス最大手のネットフリックスは、米国内における会員数は伸び悩むも、海外市場ではその数を増やしている。それは日本を含む国際市場の開拓が重要であることを意味する。「ヒットの方程式」を特集したAERA2020年3月16日号では、今後の展望について同社の幹部に聞いた。

あわせて読みたい

  • 米動画配信・ネットフィリックスでレンタルビデオ店は消滅する?

    米動画配信・ネットフィリックスでレンタルビデオ店は消滅する?

    週刊朝日

    9/9

    動画配信の覇者となったNETFLIX その成功の裏側を描いたノンフィクション

    動画配信の覇者となったNETFLIX その成功の裏側を描いたノンフィクション

    BOOKSTAND

    10/30

  • 「ネットフリックスにはディズニーしか対抗できない」 動画配信“第2の波”で変わるメディアの構図

    「ネットフリックスにはディズニーしか対抗できない」 動画配信“第2の波”で変わるメディアの構図

    AERA

    7/26

    「黒船来航」が話題にも 音楽も動画も「定額制」が活性化のカギ?

    「黒船来航」が話題にも 音楽も動画も「定額制」が活性化のカギ?

    AERA

    12/24

  • アマプラ、dTV、Hulu、DAZN…動画配信「第2の波」、各社の生き残り戦略とは

    アマプラ、dTV、Hulu、DAZN…動画配信「第2の波」、各社の生き残り戦略とは

    AERA

    7/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す