15歳以上には公的に日本語を学ぶ場すらない…在日外国人生徒への脆弱な支援体制

2020/03/06 17:00

 日本の小中学校に就学していない外国籍の子は約2万人。その最大の原因は日本語教育の整備の遅れにあるという。AERA 2020年3月9日号では、東京都をはじめとした全国の外国籍児童・生徒への日本語指導の現状を追った。

あわせて読みたい

  • 国語はすべて「ア」と回答せよと指導も…外国籍生徒、受験に日本語の壁

    国語はすべて「ア」と回答せよと指導も…外国籍生徒、受験に日本語の壁

    AERA

    3/7

    小島慶子「外国籍の子どもたちに国を挙げて語学支援を」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「外国籍の子どもたちに国を挙げて語学支援を」

    AERA

    10/12

  • 教育困難校で急増する「外国にルーツを持つ高校生」 生徒が直面するアイデンティティの惑い

    教育困難校で急増する「外国にルーツを持つ高校生」 生徒が直面するアイデンティティの惑い

    dot.

    7/22

    前文科事務次官・前川喜平さんが“夜間中学”で教える理由

    前文科事務次官・前川喜平さんが“夜間中学”で教える理由

    AERA

    10/27

  • 公立小中でも進む国際化 工場街の小学校の看板は5カ国語表示

    公立小中でも進む国際化 工場街の小学校の看板は5カ国語表示

    AERA

    8/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す