「あなたを絶対にひとりにはしない」 路上生活者と奥田知志の32年<現代の肖像> (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「あなたを絶対にひとりにはしない」 路上生活者と奥田知志の32年<現代の肖像>

このエントリーをはてなブックマークに追加
中原一歩AERA#現代の肖像
32年間の支援活動でホームレス状態から自立した人は3400人超。「どんな困難にある人も断らない」が信念(撮影/横関一浩)

32年間の支援活動でホームレス状態から自立した人は3400人超。「どんな困難にある人も断らない」が信念(撮影/横関一浩)

恒例の新年会での一問一答。今年の抱負を参加者に聞く。東京で福祉の勉強をする次男・時生の姿はなかったが、昔から奥田家の正月は、過去に一緒に生活したお兄ちゃん、お姉ちゃん、おっちゃんが帰ってくる特別な日だったという(撮影/横関一浩)

恒例の新年会での一問一答。今年の抱負を参加者に聞く。東京で福祉の勉強をする次男・時生の姿はなかったが、昔から奥田家の正月は、過去に一緒に生活したお兄ちゃん、お姉ちゃん、おっちゃんが帰ってくる特別な日だったという(撮影/横関一浩)

 ホームレスなど困窮者の支援をして32年。奥田知志さんは「ホームレス」と「ハウスレス」は違うのだと言う。路上生活者を救うには人との絆が絶対に必要。奥田さんが立ち上げたNPO法人抱撲は行き場のない困窮者たちの「ホーム」を作り続け、3400人もの路上生活者が自立した。目の前に困っている人がいたら、それが誰であろうとも、奥田さんは手を差し伸べる。

【奥田家恒例の新年会の様子はこちら】

 福岡県北九州市八幡東区にある奥田知志(おくだ・ともし 56)の家の正月は、一年で最も忙しく、賑(にぎ)やかな夜を迎える。元日恒例の新年会。重箱に敷き詰められた手作りのおせちを前に、およそ50人の老若男女が食卓を囲む。確かに「家族」であることには変わりはないのだが、この場に集まっているのは肉親ではない。多くが元ホームレス・路上生活者であり、本当の家族のもとには帰ることができない何がしかの理由を抱えている人だ。奥田が理事長を務める「NPO法人抱樸(ほうぼく)」は、困窮者支援のプロフェッショナルとして、こうした行き場のない人々に寄り添い、手を差し伸べてきた。

「ホームレスの自殺が多発するのは年末年始なんです。なぜならば、正月やクリスマスは家族の時間だから。街は『幸せな家族』を連想させる空気に覆われ、それが路上で生活する、家族とは孤立・無縁の人々には耐えきれないのです。これまで年末のパトロールで何人もの首を吊(つ)った人をおろし葬式をあげてきました」

 奥田はずっと考えていた。ホームレスとは誰か──。そして一つの「解」に行き当たる。それは「ホームレス」と「ハウスレス」は違うということだ。「ホームレス」とは、一般的には「野宿者」を意味し、衣食住のあらゆる面で窮乏状態に置かれている人々をさす。しかし、住宅に象徴される経済的、物理的な困窮に陥った状態を解決するのは、あくまで「ハウスレス」支援であり、それと同時に孤独で無縁な野宿者が「ホーム(home)」、つまり、家ではなく、家族、友人、知人など、人と人との絆を取り戻すことが絶対に欠かせない。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい