俳句を始めると人生が変わる? 長嶋有が教える「ひと味違った俳句の魅力」とは (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

俳句を始めると人生が変わる? 長嶋有が教える「ひと味違った俳句の魅力」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
長嶋有(ながしま・ゆう)/1972年生まれ。作家、俳人。作家として2002年『猛スピードで母は』で第126回芥川賞ほか受賞多数。「NHK俳句」19年度選者。句集に『新装版 春のお辞儀』がある(撮影/写真部・掛祥葉子)

長嶋有(ながしま・ゆう)/1972年生まれ。作家、俳人。作家として2002年『猛スピードで母は』で第126回芥川賞ほか受賞多数。「NHK俳句」19年度選者。句集に『新装版 春のお辞儀』がある(撮影/写真部・掛祥葉子)

 AERAで連載中の「この人この本」では、いま読んでおくべき一冊を取り上げ、そこに込めた思いや舞台裏を著者にインタビュー。「書店員さんオススメの一冊」では、売り場を預かる各書店の担当者がイチオシの作品を挙げています。

 作家で俳人の長嶋有さんによる『俳句は入門できる』は、季語、句会、同人活動から「俳句を行使する」方法まで、俳句の意外な魅力を紹介した一冊だ。著者の長嶋さんに、同著に込めた思いを聞いた。

*  *  *
 テレビ番組「プレバト!!」の俳句コーナーが人気になってから、書店の「俳句コーナー」がにぎわっているが、芥川賞作家・長嶋有さん(47)によるこの本はひと味違う。

「俳句はただでさえ厳しそうだと思われているので、いわゆる入門書では過剰に『楽しいですよ』と優しい顔をする傾向があります。でも実際にやってみると、俳句に限らず醍醐(だいご)味のある世界はどこもそうでしょうが、厳しいわけですよ。だとしたら『こんなふうに厳しい世界だよ』と知っておくほうが、初心者の役に立つんじゃないか、と思うんです」

 長嶋さんは24年にわたって、句会、同人活動、句集作りなどに携わってきた。「小説 野性時代」の野性俳壇というコーナーでは、俳人・夏井いつきさんと選者を務めている。

 19年度は月に1回、「NHK俳句」での選者を担当。稲垣吾郎さんをゲストに招くなど、斬新な企画が話題になった。

「俳句というと、まず五七五や季語などのルールを思い浮かべますが、どこでどんなふうに俳句を作るかという場所も大事です。たとえば句会に参加したときに感じることについて、僕自身の経験を書いています」

 第1章の冒頭に登場するのは、長嶋さんが使っていた「俳号(ペンネーム)」をやめるきっかけになったエピソードだ。

「俳号はつけてもつけなくてもいいものだから、普通の入門書には書いていないんですよ。僕の場合、10年以上名乗っていた俳号を、ある俳人に『よくない』と言われて、やめました。たまたまその方と最後に会ったときに言われたので、遺言のように思ったんですね。ともあれ句会に出て、『その俳号はやめたほうがいい』と言われるなんて、滅多にない経験です。これは書いておかなくちゃ、と」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい