なぜ「パラサイト」はアカデミー賞を獲れたのか “オスカーウォッチャー”が解説 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

なぜ「パラサイト」はアカデミー賞を獲れたのか “オスカーウォッチャー”が解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
Ms.メラニーAERA
Bong Joon ho/1969年、韓国生まれ。2000年、「ほえる犬は噛まない」で劇場長編デビュー。「グエムル─漢江の怪物─」(06年)、「母なる証明」(09年)などで若き巨匠として不動の地位を確立。近作にNetflixオリジナル映画「オクジャ/okja」(17年)がある(撮影/写真部・掛祥葉子)

Bong Joon ho/1969年、韓国生まれ。2000年、「ほえる犬は噛まない」で劇場長編デビュー。「グエムル─漢江の怪物─」(06年)、「母なる証明」(09年)などで若き巨匠として不動の地位を確立。近作にNetflixオリジナル映画「オクジャ/okja」(17年)がある(撮影/写真部・掛祥葉子)

 映画「パラサイト半地下の家族」が非英語映画として初めてアカデミー賞作品賞を受賞。30年以上アカデミー賞を見続けたMs.メラニーが、この歴史的快挙の意義を読み解く。AERA 2020年2月24日号の記事を紹介する。

【映画「パラサイト 半地下の家族」の場面写真はこちら】

*  *  *
 何という結果でしょう。非英語映画が初めて、アカデミー賞作品賞を受賞しました。しかもアジア映画。すごい快挙です。“オスカーウォッチャー”を名乗る私は、趣味で30年間オスカーを見続け、毎年受賞予想をしています。今年は24部門中17部門の的中。一番の大勝負は作品賞を自分の願いも込めて「パラサイト」にしたことでした。

 映画「パラサイト」はスタートから異例でした。韓国映画史上初めてカンヌでパルムドールを取り、大絶賛のうちにアメリカで公開、現在の興行収入は3500万ドルを超えます。監督のポン・ジュノ(50)は、「殺人の追憶」(2003年)、「グエムル漢江の怪物」(06年)とヒットを連発し、09年には「母なる証明」でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品。母親の底知れない、狂気にも取れる深い愛情を描く強烈な作品で、世界中に熱烈なファンを生みました。そして「パラサイト」は今回のアカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネート。その中の4部門を受賞しました。

 非英語映画がアカデミー作品賞を取る日は遠くないかもしれない、と初めて思ったのは昨年でした。アルフォンソ・キュアロン監督の「ROMA/ローマ」がヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞と、アカデミー賞の前哨戦である全米監督協会賞を取るなど、アカデミー作品賞のフロントランナーに躍り出たのです。しかし受賞には至りませんでした。

 それではなぜ「パラサイト」は取れたのか。

 理由はいくつかあると思います。「ROMA」はモノクロで、見た目からして人を選ぶこと。内容もごくパーソナルなドラマです。ネットフリックス制作で劇場公開の機会が限られ、興行的な「ヒット感」も出せませんでした。しかし最も大きな理由は、率直に「パラサイト」の方が人々の心を動かし、熱烈な支持を得たのだと思います。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい