列車が暴走…映画のような“悪夢”が現実に? サイバーテロの脅威にさらされる交通機関

2020/02/07 17:00

 航空、鉄道など公共交通事業者が一致団結し、サイバー攻撃対策を強化する。すでに膨大な攻撃が行われ、人命に関わる事態も起こりうる状況だ。こうした状況を受け今年4月には、鉄道や航空などの交通事業関連者がサイバー攻撃の内容を共有したり、協力して攻撃に対抗したりする組織「一般社団法人 交通ISAC(アイザック)」が設立される。金融や自動車、電力、医療などの事業者がISACを組織しているが、公共機関が人々に与える影響を考えると、交通ISACはその中でも重要な役割を担っていると言えそうだ。AERA 2020年2月10日号では、サイバーテロの危機に瀕する交通機関の現状を取材した。

あわせて読みたい

  • 全日空と日航もタッグ サイバーテロ対策で交通事業者がライバルと“ワンチーム”に

    全日空と日航もタッグ サイバーテロ対策で交通事業者がライバルと“ワンチーム”に

    AERA

    2/7

    中国からの「サイバー攻撃」増加の背景に人民解放軍の関与も? 暗躍する組織の正体

    中国からの「サイバー攻撃」増加の背景に人民解放軍の関与も? 暗躍する組織の正体

    dot.

    6/18

  • 1年がかりで組織に潜入…秘密情報狙うハッカー集団の“地味なチームプレー”

    1年がかりで組織に潜入…秘密情報狙うハッカー集団の“地味なチームプレー”

    AERA

    2/12

    サイバー攻撃に遭った町立病院「2カ月間の記録」

    サイバー攻撃に遭った町立病院「2カ月間の記録」

    東洋経済

    4/12

  • 米国からサイバー攻撃があったら…日本は“丸裸の赤子”同然?

    米国からサイバー攻撃があったら…日本は“丸裸の赤子”同然?

    AERA

    12/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す