「子どもへがんを伝える方法に正解はない」経験者はどう伝えたのか? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「子どもへがんを伝える方法に正解はない」経験者はどう伝えたのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
古川雅子AERA#がん#ヘルス#病気
今西由加さん(47)、小池潤弥さん(13)/由加さんは、都内で英語教育やグローバル人材を育成する事業を展開する。潤弥さんは、母の入院と自身の中学受験が重なったが、無事に合格した(撮影/写真部・掛祥葉子)

今西由加さん(47)、小池潤弥さん(13)/由加さんは、都内で英語教育やグローバル人材を育成する事業を展開する。潤弥さんは、母の入院と自身の中学受験が重なったが、無事に合格した(撮影/写真部・掛祥葉子)

キャンサーペアレンツ代表理事 西口洋平さん(40)/大手人材会社の営業職として働いていた2015年、胆管がんと診断される。翌年、仕事と抗がん剤による治療を続けながら、「キャンサーペアレンツ」を設立(撮影/写真部・加藤夏子)

キャンサーペアレンツ代表理事 西口洋平さん(40)/大手人材会社の営業職として働いていた2015年、胆管がんと診断される。翌年、仕事と抗がん剤による治療を続けながら、「キャンサーペアレンツ」を設立(撮影/写真部・加藤夏子)

 今西さんは、「伝えてよかった」と感じている。

 手術で入院中、LINEで息子がこう伝えてきた。

「受験がどんな結果になっても、自分の肥やしにしていく」

 今西さんはこう返した。

「人生、経験から何を学ぶかの方が重要。お母さんも、乳がんから何かを学びとろうと思ってる!」

 子育て世代のがん患者のコミュニティー「キャンサーペアレンツ」代表理事の西口洋平さん(40)は、「子どもへがんを伝える方法は百人百様。『これが正解』はない」という。

 西口さん自身、当初は「解」を求めた一人だった。5年前、35歳でステージ4の胆管がんと診断を受けた。娘は当時6歳。

「小1だった娘とは、『これが欲しい』とか、『あれが好き』とか、短いフレーズの会話だけでしたから、がんのことをどう伝えればいいかと悩みました」

 半年ほどして、妻が娘に何げなく、がんという病名を伝えた。お父さんがその病気と闘っていると。西口さんは全く知らずにいた。ある休みの日にテレビを見ていたら、芸能人のがんのニュースが流れた。

「あ、お父さんと一緒の病気」

 娘は思いの外、自然と受け止めているとわかり、ホッとした。

「僕が『場』を作ったのも、こうした解がない課題について仲間と情報を共有し、ともに考えたかったから。場は答えはくれないけれど、羅針盤になるヒントはくれる。たとえ失敗しても、また新たな相談もできます」

(ノンフィクションライター・古川雅子)

AERA 2020年2月10日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい