竹増貞信「休んでわかった想定外のこと」<コンビニ百里の道をゆく> 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

竹増貞信「休んでわかった想定外のこと」<コンビニ百里の道をゆく>

連載「コンビニ百里の道をゆく」

このエントリーをはてなブックマークに追加
竹増貞信AERA#竹増貞信
竹増貞信(たけます・さだのぶ)/1969年、大阪府生まれ。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。2014年にローソン副社長に就任。16年6月から代表取締役社長

竹増貞信(たけます・さだのぶ)/1969年、大阪府生まれ。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。2014年にローソン副社長に就任。16年6月から代表取締役社長

休業中の防犯対策や商品の出し入れなど、想定した以上に手間がかかることがわかりました

休業中の防犯対策や商品の出し入れなど、想定した以上に手間がかかることがわかりました

「コンビニ百里の道をゆく」は、50歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。

【この記事の写真をもっと見る】

*  *  *
 やってみたからこそ、わかることがあります。「元日休業」実験もその一つです。年末から年始にかけて、102店舗で実施。お客さまのご迷惑にならないように、実験店舗では前もって元日も営業する近隣のお店をご案内するなどの対策を取りました。

 これまで、コンビニには店を閉めるという概念がありませんでした。休むためには食品を売り切ったり、休み明けの品出しにも時間を要します。防犯対策や、ATMのお金の出し入れといった想定外のコストもかかりました。オーナーの方からは「休めてよかった」という声がある一方、「大変だった」という意見や、「正月以外で休めないのかな」など様々な声を聞きました。

 オフィス街など正月は閑散とする店もあれば、元日に多くのお客さまが訪れる店もあります。

 何より感じたのは、1年365日あるなかで、1日休むことだけが正解ではないということ。まずはオーナーのみなさんがしっかり稼げる仕組みを創ります。そして働き方も考えていくことで、本質的に変わることができると思っています。元日休業は一つの選択肢でしかありません。

 年末年始に4日ほどかけて、関西や九州など各地のローソンを訪ねました。「ローソンが開いていてよかった」と言ってくださるお客さまを見て、これがコンビニだとうれしくなったというオーナーの方もいれば、「大変で何とか正月を迎えられた」という意見もあり、こうした声を受け止めて、地域の多様性に合わせた店づくりをしていきます。

 今年最初の朝礼で、2020年は「ローソン・リボーン元年」と掲げました。これまでのように気合と根性でなんとかする時代は終わりにして、店のあり方や経営の仕方をゼロから考え直したい。来年の正月に振り返った時、変革が起きたと胸を張れる一年にするために、全力を尽くします。

AERA 2020年1月27日号


トップにもどる AERA記事一覧

竹増貞信

竹増貞信(たけます・さだのぶ)/1969年、大阪府生まれ。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。2014年にローソン副社長に就任。16年6月から代表取締役社長

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい