辺野古移設の試算は「国の願望」? 総事業費2兆円超の可能性も

2020/01/21 07:00

 沖縄の辺野古新基地の完成が2030年代以降にずれ込むことを国が認めた。今年も膠着状態が続くのは必至で、無謀な政策の末路は依然不透明だ。AERA 2020年1月20日号で掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 辺野古の新基地9300億円に膨張、米シンクタンク「完成可能性低い」 専門家「もはやスガ案件」

    辺野古の新基地9300億円に膨張、米シンクタンク「完成可能性低い」 専門家「もはやスガ案件」

    AERA

    12/1

    辺野古移設 県民投票「無視」でも安倍政権にとって重荷になる理由

    辺野古移設 県民投票「無視」でも安倍政権にとって重荷になる理由

    AERA

    2/20

  • 玉城デニー知事「辺野古移設は『危なさの平行移動』でしかない」

    玉城デニー知事「辺野古移設は『危なさの平行移動』でしかない」

    AERA

    3/5

    「やめるなら地上イージスより辺野古だ」 元防衛大臣・副大臣が新基地見直しに言及

    「やめるなら地上イージスより辺野古だ」 元防衛大臣・副大臣が新基地見直しに言及

    AERA

    6/29

  • エネルギー源は県民の「民意」 玉城知事、普天間返還への真剣勝負

    エネルギー源は県民の「民意」 玉城知事、普天間返還への真剣勝負

    AERA

    4/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す