空想のヒトラーとの友情 ドイツ少年兵の視点から描く第2次世界大戦の真実 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

空想のヒトラーとの友情 ドイツ少年兵の視点から描く第2次世界大戦の真実

このエントリーをはてなブックマークに追加
高野裕子AERA
Taika Waititi/1975年、ニュージーランド・ウェリントン生まれ。代表作に短編映画「Two Cars, One Night」(2004年)、ジェマイン・クレメントと共同監督・主演・脚本・製作を務めた「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」(14年)、「マイティ・ソー バトルロイヤル」(17年)ほか (c2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

Taika Waititi/1975年、ニュージーランド・ウェリントン生まれ。代表作に短編映画「Two Cars, One Night」(2004年)、ジェマイン・クレメントと共同監督・主演・脚本・製作を務めた「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」(14年)、「マイティ・ソー バトルロイヤル」(17年)ほか (c2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

「ジョジョ・ラビット」/第2次世界大戦下のドイツ。10歳の少年ジョジョは次第にユダヤ人少女に惹かれていく。1月17日から全国公開 (c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

「ジョジョ・ラビット」/第2次世界大戦下のドイツ。10歳の少年ジョジョは次第にユダヤ人少女に惹かれていく。1月17日から全国公開 (c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

 AERAで連載中の「いま観るシネマ」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき作品の舞台裏を監督や演者に直接インタビューして紹介。「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲しい1本をセレクトしています。

【「ジョジョ・ラビット」の場面写真はこちら】

*  *  *
 ニュージーランドで多くのコメディー映画を手掛け、脚光を浴びたタイカ・ワイティティ監督。その才能で「マイティ・ソー バトルロイヤル」の監督に抜擢されたのを機に、ハリウッド売れっ子監督の仲間入りをした。新作はニュージーランドの作家による小説『Caging Skies』を映画化した、「ジョジョ・ラビット」だ。

「僕は10代の頃、ボスニア紛争をテレビで見て衝撃をうけ、尽きない興味がわいた。成人して更に多くの戦争についての本を読むようになり、この原作と出合った」

 そしてこの原作に惹かれた監督は、映画化を考えた。

「いま大人として、多くの子どもたちが残虐な戦争を目撃し、巻き込まれてしまう現実を知ってほしかった。子どもは大人を、賢く尊敬すべきお手本として育てられる。ところが戦争が勃発すると、その公式は一気に消滅する。子どもの目を通し、大人の愚行を描きたかったんだよ」

 時は第2次大戦中のドイツ。10歳のジョジョは青少年予備隊で訓練を受けている。ウサギも殺せない臆病者でジョジョ・ラビットというあだ名を頂戴してしまうのだ。

 彼を慰める話し相手は空想の親友、監督自身が演じるアドルフだ。そんなある日、母が屋根裏部屋でかくまうユダヤ人の少女を発見してしまう……。

「アドルフは10歳のジョジョの空想、彼の大人版だよ。大人の体をした10歳の少年。それは、ほぼ僕自身だけれど」と笑う。マオリ族とユダヤ人の血をひくワイティティ監督。それがこのテーマに強く惹かれた要因だったのか。

「僕の映画はすべて個人的な思い入れがある。母の家族はロシアからイギリスへ逃亡し、ニュージーランドに落ち着いた。僕の血には強固な抵抗力と生存力、ユーモアが流れているんだ。マオリとユダヤ、二つの全く異なる文化に共通する同様のユーモアだよ」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい