ポスター炎上で話題になった「ACP」とは 一度では終わらない「人生会議」

がん

2020/01/12 11:30

 人生の最後をどのように過ごしたいか。ポスターの配布取りやめで話題になった「人生会議」は日常生活でこそ、必要なことだと体験者は語る。迷い、揺れて構わない。大切なのは、何度でも話し合うことだという。AERA 2020年1月13日号ではアドバンス・ケア・プランニング(ACP)の本質を伝える。

あわせて読みたい

  • 「で、どこで死にたい?」はNG 一度決めたことも変えていい

    「で、どこで死にたい?」はNG 一度決めたことも変えていい

    AERA

    1/11

    「逝き方」を自己プロデュース 最期を語らう「人生会議」で理想の終活

    「逝き方」を自己プロデュース 最期を語らう「人生会議」で理想の終活

    週刊朝日

    3/7

  • 「延命は望まない」はずが…急に「延命してくれ」と頼む家族 専門職がすすめる「人生会議」とは?

    「延命は望まない」はずが…急に「延命してくれ」と頼む家族 専門職がすすめる「人生会議」とは?

    dot.

    11/30

    「最後に名鉄特急の音を聞きたかったんだよ」1500人を看取った医師が忘れられない患者

    「最後に名鉄特急の音を聞きたかったんだよ」1500人を看取った医師が忘れられない患者

    週刊朝日

    6/13

  • 知っておきたい“人の亡くなり方” 自宅で看取る方法

    知っておきたい“人の亡くなり方” 自宅で看取る方法

    週刊朝日

    10/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す