羽生結弦、全日本で若手選手の姿に驚嘆「ああいうふうに跳びたい」 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

羽生結弦、全日本で若手選手の姿に驚嘆「ああいうふうに跳びたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山下弘展AERA#羽生結弦
ショートでは非公認ながら世界最高点を更新する滑りだったが、フリーではミスが目立った(撮影/写真部・加藤夏子)

ショートでは非公認ながら世界最高点を更新する滑りだったが、フリーではミスが目立った(撮影/写真部・加藤夏子)

表彰式で羽生は、優勝した宇野昌磨と抱き合い健闘をたたえた。これからも切磋琢磨して世界と戦う (c)朝日新聞社

表彰式で羽生は、優勝した宇野昌磨と抱き合い健闘をたたえた。これからも切磋琢磨して世界と戦う (c)朝日新聞社

 今回は、11月22~24日のGPシリーズNHK杯から、12月5~8日のGPファイナル、そして12月18~22日の全日本選手権と5週間で3試合をこなすハードスケジュール。しかも、GPファイナルはショートプログラムでの出遅れを挽回するため、フリーでは4回転ルッツを含む4回転ジャンプを4種類5本も跳ぶ自身最高難度の構成で臨んでいた。

 短いスパンで練習と休養のバランスをとる、難しいミッションに直面した。

「まあ、調整がうまくいかなかったです。ずっと。自分の体がどんどん、日に日に劣化していく感じはあって。でも、それでもやっぱり、僕は恵まれているので。いろんな方に支えてもらって。体の状態も今できる最高の状態にしてもらった。正直いって、まあ、僕の実力と技術が足りなかったっていう感じですかね。それでも、死力は尽くしたと思っています」

 そう、あらん限りの力を出し、9千人以上の観衆を、テレビの前で見守る無数のファンをうならせたのは、20日のショートだ。

 冒頭の4回転サルコーは出来栄え点(GOE)で4.30の加点がついた。続く4回転トーループ─3回転トーループの連続ジャンプも、4.34点の加点。スピン、ステップも最高難度のレベル4を獲得し、たたき出した得点は110.72点。全日本選手権は国内大会なので、国際スケート連盟(ISU)が認める公式記録にはならないが、18年のGPシリーズロシア杯で打ち立てたショートの自己最高であり、世界最高でもある110.53点を上回った。

 ただ、この輝きを持続できなかった。

「やれることはやってたと思いますし、(フリー前の)6分間(練習)まではよかったですし。感覚はそんなに悪かったわけではないので。まあ、なんか、自分の精神状態と、肉体の状態と、イメージが全部バラバラって、乖離していった感じですね」

 12月7日で25歳になった。一般社会では当然若者の部類でも、フィギュアスケートの世界となると少し事情が異なる。この全日本選手権では、33歳の高橋大輔、28歳の山田耕新に次ぐ、年長者の世代だ。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい