地味なスーツから輝くスカート姿に 皇后雅子さまの“令和の変化” (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

地味なスーツから輝くスカート姿に 皇后雅子さまの“令和の変化”

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子AERA#皇室#雅子さま
天皇陛下と雅子さまが目を合わせて談笑する姿から、和気あいあいとした雰囲気が伝わってきた/12月3日、東京・赤坂御所で(写真:宮内庁提供)

天皇陛下と雅子さまが目を合わせて談笑する姿から、和気あいあいとした雰囲気が伝わってきた/12月3日、東京・赤坂御所で(写真:宮内庁提供)

即位のパレードでは、沿道の歓声を受けて涙ぐむ雅子さまの姿が見られた/11月10日、東京都千代田区で (c)朝日新聞社 (c)朝日新聞社

即位のパレードでは、沿道の歓声を受けて涙ぐむ雅子さまの姿が見られた/11月10日、東京都千代田区で (c)朝日新聞社 (c)朝日新聞社

 12月9日に誕生日を迎えられた皇后雅子さまが「感想」をつづった文書や、ビデオが公表された。ビデオに映るその姿からは、令和という時代を迎えた雅子さまの変化を垣間見ることができる。AERA 2019年12月23日号の記事を紹介する。

【写真】沿道の歓声を受けて涙ぐむ雅子

*  *  *
 今回、文書と共に写真とビデオも公表された。そこでの雅子さまはゴールドの光沢あるスーツを着ていて、とてもよく似合っている。闘病中の雅子さまは、いつも地味な色のパンツスーツを着ていた。今回、輝くような膝丈(ひざたけ)のスカートを着こなす雅子さまに令和になって以来の堂々たる姿が重なり、自信を取り戻しているのだと思う。

 そして平成から令和への変化がはっきり表れたのが、ビデオだった。陛下と雅子さまは、目を合わせておしゃべりをしていた。世代の違いだろう、上皇陛下(85)と美智子さまにはほとんど見られなかった光景だ。

 細かい説明で恐縮だが、全部で2分38秒のビデオのうち1分44秒は陛下と雅子さまがお二人で映っている。そのうちの最後の18秒はそれぞれのアップが映るが、それ以外はお二人が画面に並ぶ映像だ。計算すると1分26秒。その間、お二人は休むことなく話している。

 音楽が流れていて、声は聞こえない。解説によると、「即位の礼の祝宴などで出席者に贈られたボンボニエールや、大嘗祭(だいじょうさい)の関連儀式で飾られた銀製の調度品を前に語らう様子」だそうだから、思い出話に花を咲かせていたのだろうか。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい