名もなきうたを紡ぐ人~街頭でのちらし配りが未来へのカギをくれた(前編)

AERAオンライン限定

2019/11/30 08:00

  首都圏のターミナル駅。周辺には、日本各地でなじみのデパートや飲食チェーン、電化製品の大手販売店が一通り、セットのように密集している。ひっきりなしに人々が行き交うこの駅前の路上が、松谷リコさん(34)の職場だ。

あわせて読みたい

  • 名もなきうたを紡ぐ人~街頭でのちらし配りが未来へのカギをくれた(後編)

    名もなきうたを紡ぐ人~街頭でのちらし配りが未来へのカギをくれた(後編)

    AERA

    11/30

    編集者が松谷みよ子さんを“怖い”と感じた瞬間とは?

    編集者が松谷みよ子さんを“怖い”と感じた瞬間とは?

    週刊朝日

    3/21

  • 障害児の親子ポートレートを撮り続ける写真家・葛谷舞子 「この子たちがいたから写真家になれた、その“恩返し”がしたい」

    障害児の親子ポートレートを撮り続ける写真家・葛谷舞子 「この子たちがいたから写真家になれた、その“恩返し”がしたい」

    dot.

    9/15

    もしかしたらウチの子も? 発達障害当事者の実像を描いた話題のコミックエッセイ

    もしかしたらウチの子も? 発達障害当事者の実像を描いた話題のコミックエッセイ

    BOOKSTAND

    3/30

  • 発達障害を持つ人を積極採用の職場にヒント 求められる環境整備とは?

    発達障害を持つ人を積極採用の職場にヒント 求められる環境整備とは?

    AERA

    6/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す