浜矩子が「銀証連携ちょっと待った」と叫ぶ理由 信用置き去りで大惨事も 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

浜矩子が「銀証連携ちょっと待った」と叫ぶ理由 信用置き去りで大惨事も

連載「eyes 浜矩子」

このエントリーをはてなブックマークに追加
浜矩子AERA#浜矩子
浜矩子(はま・のりこ)/1952年東京都生まれ。一橋大学経済学部卒業。前職は三菱総合研究所主席研究員。1990年から98年まで同社初代英国駐在員事務所長としてロンドン勤務。現在は同志社大学大学院教授で、経済動向に関するコメンテイターとして内外メディアに執筆や出演

浜矩子(はま・のりこ)/1952年東京都生まれ。一橋大学経済学部卒業。前職は三菱総合研究所主席研究員。1990年から98年まで同社初代英国駐在員事務所長としてロンドン勤務。現在は同志社大学大学院教授で、経済動向に関するコメンテイターとして内外メディアに執筆や出演

(c)朝日新聞社

(c)朝日新聞社

 経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。

*  *  *
「銀証連携」。新聞紙上でこの言葉が目に留まった。「えっ」と思った。銀証って分離じゃなかったっけ。今時、何いってんの。エコノミストが聞いて呆れる。銀行・証券業界の皆々様にそのように嘲笑されそうである。

 だが、エコノミストだからこそ、引っ掛かる。確かに、銀行業務と証券業務の間に厳格な垣根を設ける体制は、今は昔の物語だ。日本においては、1990年代に入るとともに銀証分離が緩和され、子会社方式による相互参入が幅広く認められるようになった。

 いまや金融業界はおしなべて「〇〇ホールディングス」の世界だ。巨大持ち株会社の傘下に銀行・証券・信託等々の金融ビジネスが軒を連ね、タッグを組んで多種多様な投資機会のパッケージをお客様に提供している。押し売りしているというべきか。

「貯蓄から投資へ」。この掛け声も、90年代入りとともにかまびすしくなった。預金者を投資家に変貌させる。プチ資本家に仕立て上げる。あの頃から、官民一体でこの策謀が進められてきた。「ミセス・ワタナベ」というグローバル用語が誕生したのも、あの時代のことである。

 ミセス・ワタナベは今なお健在だ。主婦たちが、家事の合間にパソコンのワンクリックでグローバル投資に乗り出す。それをアシストするのが、銀証連携の〇〇ホールディングス群だ。

 プチ資本家の養成を目指す「投資リテラシー講座」の類いは、今も盛況を極めている。とてつもなくテクニカルな講義が、ミセス・ワタナベたちに技巧派資本家道を授ける。かくして、プチ資本家たちの投資リテラシーは高度に磨き上げられていく。

 だが、投資リテラシーと金融リテラシーは違う。信用リテラシーとも違う。信用創造を英語でいえばクレジット・クリエーションだ。クレジットという言葉はラテン語の「クレーデレ」に由来する。「信じる」の意だ。人が人を信用する。この信頼関係の連鎖のなかでしか、本当の金融は生まれない。どこかで信用の鎖が抜け落ちると、大惨事が起きる。リーマン・ショックが、まさにそれだった。信用を置き去りにした投資の世界。銀証連携が狂走すると、この世界ばかりが幅を利かせる。荒野で叫ぶエコノミストの一声でした。

AERA 2019年12月2日号


トップにもどる AERA記事一覧

浜矩子

浜矩子(はま・のりこ)/1952年東京都生まれ。一橋大学経済学部卒業。前職は三菱総合研究所主席研究員。1990年から98年まで同社初代英国駐在員事務所長としてロンドン勤務。現在は同志社大学大学院教授で、経済動向に関するコメンテイターとして内外メディアに執筆や出演

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい