「ベネッセは一線を越えた」英語民間試験の導入の経緯はブラックボックスの中

2019/11/13 11:30

 延期が決定した大学入学共通テストの英語民間試験。巨大な利権の創出ともいえる民間試験導入にもかかわらず、その経緯が不透明であることが問題視されている。実施予定だった試験の一つGTECを開発したベネッセと、導入に関わった政官財学のメンバーとの密接な関わりが浮かび上がった。AERA 2019年11月18日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 大学入試の英語民間試験で大混乱 高校が「導入延期」を訴える3つの理由

    大学入試の英語民間試験で大混乱 高校が「導入延期」を訴える3つの理由

    dot.

    10/14

    英語民間試験の問題は「公平性」だけではない 「中止を」約7割が支持

    英語民間試験の問題は「公平性」だけではない 「中止を」約7割が支持

    AERA

    11/1

  • 反響続々!「大学入学共通テスト 英語民間試験は中止を」発売中のAERA掲載記事に

    反響続々!「大学入学共通テスト 英語民間試験は中止を」発売中のAERA掲載記事に

    8/27

    国に逆らった大学は正しかった 英語民間試験に「NO」を突きつけていた7大学

    国に逆らった大学は正しかった 英語民間試験に「NO」を突きつけていた7大学

    dot.

    11/11

  • 実は受験生ファースト? TOEICが大学入学共通テストから撤退した真の理由

    実は受験生ファースト? TOEICが大学入学共通テストから撤退した真の理由

    AERA

    7/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す