<現代の肖像>太田雄貴 斬新な発想でスポーツ団体の常識を覆す

現代の肖像

2019/10/28 16:00


 日本フェンシング界初の五輪メダリスト・太田雄貴さん。現在は日本フェンシング協会会長として忙しい日々を送る。五輪でメダルをとっても、まだフェンシングは「ベンチャースポーツ」。無観客試合かと思うような大会もあった。その虚無感を胸に、会長就任後に思い切ったテコ入れをし、観客を5倍に増やした。太田さんの卓越したビジネスセンスが培われた背景とは。AERA 2019年11月4日号に掲載された「現代の肖像」から一部紹介する。

あわせて読みたい

  • 「五輪出場」が与える人生への影響 中止なら選手も団体も活動不可?

    「五輪出場」が与える人生への影響 中止なら選手も団体も活動不可?

    週刊朝日

    6/10

    【リオ五輪注目選手】東京五輪招致を超える興奮を! フェンシング太田「僕に足りないのは金メダルだけ」

    【リオ五輪注目選手】東京五輪招致を超える興奮を! フェンシング太田「僕に足りないのは金メダルだけ」

    dot.

    7/20

  • フェンシング太田雄貴、呆気ない幕切れ 団体戦なくモチベーション保てず… 

    フェンシング太田雄貴、呆気ない幕切れ 団体戦なくモチベーション保てず… 

    dot.

    8/8

    五輪で金の可能性は? “フェンシング世界1位”見延が語る“賭け”

    五輪で金の可能性は? “フェンシング世界1位”見延が語る“賭け”

    週刊朝日

    11/25

  • 「お前ら絶対英語勉強しろよ」太田雄貴が後輩に言い続ける理由

    「お前ら絶対英語勉強しろよ」太田雄貴が後輩に言い続ける理由

    AERA

    3/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す