「4回転アクセルのために生きている」 フィギュアスケート男子の熾烈な争い (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「4回転アクセルのために生きている」 フィギュアスケート男子の熾烈な争い

このエントリーをはてなブックマークに追加
羽生結弦 (c)朝日新聞社

羽生結弦 (c)朝日新聞社

グランプリシリーズ 主な出場選手とスケジュール(AERA 2019年10月21日号より)

グランプリシリーズ 主な出場選手とスケジュール(AERA 2019年10月21日号より)

 フィギュアスケートの本格的なシーズン始動となるグランプリ(GP)シリーズが、10月18日(現地時間)に開幕する。5度目のファイナル制覇を狙う羽生結弦選手をはじめ、国内外の有力選手が4回転ジャンプを軸にハイレベルな戦いを繰り広げる。AERA 2019年10月21日号に掲載された記事を紹介する。

【グランプリシリーズ 主な出場選手とスケジュールはこちら】

*  *  *
 男子は、昨季のGPファイナルを怪我のため欠場した羽生結弦(24)が、自身5度目のファイナル制覇となるかが注目だ。GPシリーズ開幕に向けてはビデオメッセージでこう語った。

「(演技の)完成形を目指すに当たって一つ一つの道を大切にしていく。(昨季は)悔しさが残ったので、今シーズンこそ(GPファイナル優勝)という気持ちはあります」

 今季は初戦のオータム・クラシックで、2種類の4回転を入れる内容で優勝。試合後には、

「4回転アクセル(4回転半)のために生きている」

 と、高揚感の溢れる笑顔を見せた。

 人類初の大技に挑むのはいつになるのか。例年、大会ごとに急成長を見せるため、カナダ大会、NHK杯、そしてGPファイナルと続くスケジュールは、まさに4回転半への階段を一段ずつ上っていくようだ。

 宇野昌磨(21)は、環境も精神面も大きく変化するシーズンだ。

「去年は結果を求めようと自分を追い込んで臨んだシーズンでした。でも満足できない結果で終わり、つらい試合ばかりだった。その経験をしてから『僕はせっかく世界と戦える機会を手に入れたのに、苦しい、つらいだけで終わらせていいのかな。楽しまないと損じゃないかな』という考えが出てきました」

 5月に子どもの頃から師事してきた樋口美穂子コーチのもとを離れ、コーチ不在での戦いを決意。初めて、海外の振付師にショートとフリーを依頼した。

「小さい時に高橋大輔選手の表現に憧れてスケートをしていました。でも最近は、勝つためにはジャンプを跳ばなければならないと考え、いつのまにかスケートより、競技をやる感じになっていました。今季は演技を楽しむことがテーマ。技術と表現を両立していきたい」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい