大学院生の研究費は「年間1千万円」 山中伸弥所長が研究の現実語る (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大学院生の研究費は「年間1千万円」 山中伸弥所長が研究の現実語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
京都大学iPS細胞研究所所長 山中伸弥さん(57、右):1962年、大阪府生まれ。神戸大学医学部卒業、大阪市立大学大学院医学研究科修了(医学博士)。米国グラッドストーン研究所上席研究員。2012年、ノーベル医学生理学賞受賞/早稲田大学総長 田中愛治さん(67):1951年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、米オハイオ州立大学大学院修了、政治学博士(Ph.D.)。世界政治学会(IPSA)元会長。2018年から早稲田大学第17代総長。専門は投票行動論・計量政治学(撮影/写真部・東川哲也)

京都大学iPS細胞研究所所長 山中伸弥さん(57、右):1962年、大阪府生まれ。神戸大学医学部卒業、大阪市立大学大学院医学研究科修了(医学博士)。米国グラッドストーン研究所上席研究員。2012年、ノーベル医学生理学賞受賞/早稲田大学総長 田中愛治さん(67):1951年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、米オハイオ州立大学大学院修了、政治学博士(Ph.D.)。世界政治学会(IPSA)元会長。2018年から早稲田大学第17代総長。専門は投票行動論・計量政治学(撮影/写真部・東川哲也)

この日が初対面の山中所長(右)と田中総長。研究者でありスポーツマンでもあるという共通点で話が弾んだ(撮影/写真部・東川哲也)

この日が初対面の山中所長(右)と田中総長。研究者でありスポーツマンでもあるという共通点で話が弾んだ(撮影/写真部・東川哲也)

山中:同時受賞させていただいたジョン・ガードン先生が元になる実験をされたのが1962年、僕が生まれた年なんです。その実験を元に私たちがiPS細胞を見つけた。便乗して一緒にいただいたという形です。iPS細胞だけ見ると受賞は早かったという印象がありますが、細胞の初期化ということに対しての受賞だと考えると、当初の実験から50年経っていることになります。基礎研究の成果が本当の意味で認められるのには、数十年かかるのです。大学の使命は、まずは水をまくこと。どこから芽が出るかは、水をまいてみないとわからない。芽が出てきたらそこに水をやって育て、さらに大樹にしていく。そして最後は企業に渡すことになりますが、どのタイミングで橋渡しするかはケース・バイ・ケースで、こうすれば必ず成功するというセオリーはありません。

田中:研究の実用化には、早稲田大学も相当力をいれています。工学系で実用化できるものは産学連携を進めるよう、大学として後押ししています。

山中:iPS細胞は偶然、私たちのところで芽が出た。どこまで育てて企業に渡すかに関しては、ずっと考えています。10年前に比べればだいぶ大きくなってきましたが、もう少し育ててから企業にお渡しするのが一番早く花が咲くと思っています。最初は好奇心でやっていましたが、芽が出た今は、大きな責任を感じています。

田中:基礎研究と同様、人材育成にも長期的な視点が必要ですよね。若い人でも緊張感をもって研究している人が多いですから、焦らずにしっかり人材を育てることが大事だと思います。(構成/編集部・小柳暁子)

AERA 2019年10月21日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい