「教わったことも教えたこともないプログラミング教育」を理解してもらうための3つの方法 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「教わったことも教えたこともないプログラミング教育」を理解してもらうための3つの方法

連載「61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記」

このエントリーをはてなブックマークに追加
福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

小学校の先生の強みを生かそう(istock)

小学校の先生の強みを生かそう(istock)

 いずれにしても、「小学校プログラミング教育が始まることは知っている。我が子がついていけるか不安もある。必要性は感じているので塾なども考えるべきか……」といった、保護者の切実な思いが伝わってくる。

 明確なことは、昨年の夏と比較すると格段の差で、保護者の間でプログラミング教育が話題となり、注目されてきていることだ。その表れの一つが、PTA連合会からのオーダーと考えると合点がいく。

 さて、ではこの流れを学校や教員側はどう受け取るべきか。もちろん、これを好機とらえ、さらに認識を高めて取り組むべきだろう。私自身が教員上がりなので、教員を擁護するわけではないが、教員皆、「教わったことがない、教えたことがない、でも取り組まなければならないプログラミング教育」はハードルが高いことは確かだ。

 しかし小学校の先生の強みは「全科」を教えることができる、多彩な指導力であることは間違いない。特に、子供が初めて体験することに対して、自身は不得手でも上手に導くことができるのが小学校の先生だ。

 習字の苦手な先生もいれば、ピアノがあまり弾けない先生もいる。跳び箱を跳べない先生もいる。それでも書写や音楽、体育の指導を行っている。もちろん、これらは国語・算数のような主要教科というより「技能教科」の側面が強いので、技術的な面に差異は生じるだろう。しかし、自身は下手でも楽しく教えることができる先生は大勢いる。

 プログラミングもスキル的に捉えれば、人によって得手・不得手があるのは当然である。しかし、プログラミング教育はプログラミングのコードを教えるのが目的ではないので、そこはあまり関係がないと感じている。私自身、退職の二文字を意識する数年前までは、プログラミングのプの字も知らなかったのが現状だ。

 そのように考えると、まずは先生方自身が意欲的に、楽しく、来年度からの授業イメージをもってもらうことが最重要だ。そこで研修会は以下の3つの手順で進めている。


トップにもどる AERA記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい