死去直前、50度の厨房で撮影 ドイツ人映画監督が、樹木希林に感じた俳優魂 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

死去直前、50度の厨房で撮影 ドイツ人映画監督が、樹木希林に感じた俳優魂

このエントリーをはてなブックマークに追加
古谷ゆう子AERA
「命みじかし、恋せよ乙女」は8月16日から全国順次公開予定。舞台はドイツと日本。樹木さんは、仕事も家族も失った主人公が日本を訪れ出会う旅館の女将を演じた (c)2019 OLGA FILM GMBH, ROLIZE GMBH & CO. KG

「命みじかし、恋せよ乙女」は8月16日から全国順次公開予定。舞台はドイツと日本。樹木さんは、仕事も家族も失った主人公が日本を訪れ出会う旅館の女将を演じた (c)2019 OLGA FILM GMBH, ROLIZE GMBH & CO. KG

ドーリス・デリエ監督は1955年生まれ。桃井かおり主演の「フクシマ・モナムール」、「HANAMI」などで知られる(撮影/倉田貴志)

ドーリス・デリエ監督は1955年生まれ。桃井かおり主演の「フクシマ・モナムール」、「HANAMI」などで知られる(撮影/倉田貴志)

「猛暑だったこともあり、私を含めドイツからの撮影チームは犬のようにハアハア言って、なんとか暑さに耐えながら撮影を行っていた。けれど、樹木さんだけは暑さをまったく感じないかのように涼しい顔で演技をしていた。厨房のシーンでは音が入らないようエアコンを切っていたから、50度を超えていたと思うのだけれど」

「モニターをご覧になりますか?」と樹木さんに尋ねると、「あーいいの、見ない見ない」と即答していた、というのも樹木さんらしい。

「ご自分がやっていることはわかっているから、見る必要はない。そうおっしゃっていました」

 台詞はほぼ脚本通り。でも1カ所だけ、アドリブがあった。

「久しぶりなのよ、お客さん」という、デリエ監督が初めて茅ケ崎館を訪れた際、女将さんにかけられた言葉に近いものだ。

 撮影期間中は俳優陣も撮影スタッフも茅ケ崎館に泊まり、毎朝一緒に朝食を取った。ユーモアあふれる樹木さんの話にいつも笑わされたという。「ドイツからのスタッフが食べやすいように」と、女将さんはドイツパンにサラミを挟んだものを朝食として出してくれた。

「樹木さんはそのドイツパンとサラミをすごく気に入って。喜んで食べていらっしゃいました」

 必要以上に時間をかけず勢いよく撮って、早く終わればその分早く部屋に戻る。そんなデリエ監督の撮影スタイルを樹木さんは気に入っていたという。

 訃報は制作会社を通して知った。「びっくりした部分もあれば、それほどびっくりしなかった部分もある」と言う。

「『まさか、いま』という気持ちはもちろんありました。すごく悲しいけれど、彼女自身はきっと心の準備はできていた。自分の生き方を貫いて亡くなることができたと思う。そう考えると、必ずしも悲しいとは言えない。本当に不思議な感じです」

(ライター・古谷ゆう子)

AERA 2019年8月12-19日合併増大号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい