コーヒーかすがファッションに 気軽に貢献できる「エコ」の新しいカタチ

2019/08/11 08:00

 食べられるのに廃棄される食品は国内で年間約600万トンにのぼる。この課題に繊維商社が廃棄食材の「色」に着目し、挑む。野菜やコーヒーなどで染めた服やスニーカーは人々にどう響くか。

あわせて読みたい

  • 廃棄予定の野菜の切れ端が染料に ファッションで実現するサステナブル

    廃棄予定の野菜の切れ端が染料に ファッションで実現するサステナブル

    dot.

    8/24

    通常品より人気あり? 自動販売機で食品ロスをお得に減らす取り組みが「三方よし」

    通常品より人気あり? 自動販売機で食品ロスをお得に減らす取り組みが「三方よし」

    AERA

    7/18

  • 世界700兆円の新産業!? 「フードテック」の最新事情を徹底解説したビジネス書

    世界700兆円の新産業!? 「フードテック」の最新事情を徹底解説したビジネス書

    BOOKSTAND

    10/8

    日本の食品ロス量は世界6位、アジアで1位と不名誉な実態 削減加速のカギとは?

    日本の食品ロス量は世界6位、アジアで1位と不名誉な実態 削減加速のカギとは?

    AERA

    3/27

  • 廃棄予定の一級品フルーツを急速冷凍で販売 「食品ロス」に挑むベンチャーの旗手たち

    廃棄予定の一級品フルーツを急速冷凍で販売 「食品ロス」に挑むベンチャーの旗手たち

    AERA

    3/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す