貴金属会社VSネット証券、純金積立を始めるならどっち (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

貴金属会社VSネット証券、純金積立を始めるならどっち

このエントリーをはてなブックマークに追加
新藤良太,伊藤忍AERA#お金
※貴金属会社大手3社の純金積立サービス比較表。年会費や手数料は税込み(消費税8%時、2019年6月25日現在)

※貴金属会社大手3社の純金積立サービス比較表。年会費や手数料は税込み(消費税8%時、2019年6月25日現在)

※ネット証券で純金積立を取り扱っているのは、この3社。年会費や手数料は税込み(消費税8%時、2019年6月25日現在)

※ネット証券で純金積立を取り扱っているのは、この3社。年会費や手数料は税込み(消費税8%時、2019年6月25日現在)

 株式や投資信託で資産運用をするのもいいが、純金積立も「守りの資産」として見逃せない選択肢の一つ。純金積立を取り扱っているのは貴金属会社、ネット証券がポピュラーな存在だ。

 もしあなたが、将来的に現物の金の形で引き出したり、ジュエリーと等価交換したりしたいなら、やはり現物の金の取り扱いに慣れた貴金属会社がいいだろう。特に引き出すことは考えず、純金積立とともに株や投資信託も買いたいなら、ネット証券がいい。アエラ増刊『AERAwithMONEY毎月3000円で純金投資』では、伝統があり、純金積立の歴史も古い代表的な貴金属会社3社のサービスと、純金積立を取り扱うネット証券3社のサービスを細かく比較している。

【図表】ネット証券の純金積立を比較すると…

■貴金属会社の積立手数料は1.5%から

 まずは、2019年1月にリニューアルされたばかりの「田中貴金属の純金積立」。ネット経由の積立なら年会費も保管料も無料。積立金額は毎月3000円からで、月々の金の買い付けにかかる積立手数料は1000円につき25円だ。月々の積立金額を5万円まで増やすと、手数料が1000円あたり15円(1.5%)まで下がるなど、運用コストの面でもリーズナブル。

 さらに現物の金を5グラムから引き出せるのも魅力。LMBAから公認審査会社に認定されている信用力やブランド力も同社ならではの強みといえるだろう。

 今回の商品変更でネットやスマホからアクセスできる口座画面も見やすくなった。24時まで金のスポット購入や売却注文ができる。

 次に、三菱マテリアルの「マイ・ゴールド・パートナー」。こちらは積立額が1万円以下の場合、積立手数料が1000円につき30円。年会費は864円(税込み。以下同)、保管方法を「特定保管」にすると年率0.1%程度の手数料がかかる。「消費寄託」を選ぶと、ボーナスがつく。

 徳力本店は「TOKURIKI 1・2・3」という純金積立。年会費は1080円で、特定保管だが1年以上の保管中は金の積立重量に応じて年率0.1~0.15%分、地金の総量が増える「徳力プレミアム」という独自サービスがある。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい