「理科が苦手だった娘がサイエンス部に…」プログラミングが人生を変える? (3/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「理科が苦手だった娘がサイエンス部に…」プログラミングが人生を変える?

連載「61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#教育#福田晴一
福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

4年生女子の自由研究作品(写真/著者提供)

4年生女子の自由研究作品(写真/著者提供)

 ちょっとスピード早かったかな?と思ったものの、さすが卒業間近の6年生、飲み込みは早く、積極的に課題に取り組む子どもたちの姿に先生たちも喜んでおられ、無事役目を果たしたことに安堵しながらその日は帰宅した。

 それから3カ月経った先日、たまたまそのお母さんと会う機会があったのだが、その後の話に驚いた。なんとその後、娘さんはプログラミングに目覚めてしまい、ゴールデンウィークにはプログラミング教室に通い、中学校では、アプリなどを制作するサイエンス部に入ったのだとか。

「理科が苦手だった娘がサイエンス部だなんて」とお母さんもびっくりしている。

 もちろん、これも6年生のプログラミング体験だけが原因ではないだろう。しかし、刺激のひとつになったことは確かのようだ。彼女の中の興味の芽があらゆるところから刺激を受け、ポっと芽を出したのだろう。

「プログラミング教育で未来を変える」なんて大げさなことでなくてもいい。学校現場での体験が子供達の無限の可能性を、導きだす一助になれば……と切に思う。それこそが「小学校プログラミング教育」の大きな使命であるに違いない。


トップにもどる AERA記事一覧

福田晴一

福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい