「放送大がなかったら心が折れていた」難関大中退の女子大生が抱く夢

澤田晃宏AERA#大学入試#教育
放送大学の沿革(AERA 2019年6月24日号より)
拡大写真

放送大学の沿革(AERA 2019年...

 さまざまな理由で大学進学を阻まれる若者たちがいる。懸命に学び続けようとする彼らの「学びのセーフティーネット」になっているのが、放送大学だ。なぜ、放送大学を選んだのか。

【年表で見る】放送大学の沿革はこちら

*  *  *
 母子家庭に育った。家計に余裕がないことは知っていた。それでも、高校時代は塾にも通わせてくれた。大学に進学できると思っていた。神奈川県大和市の小澤茜さん(19)は振り返る。

 現役合格を目指して勉強し、東京理科大学理学部と立教大学理学部に合格した。母親は小澤さんに言った。

「お金は出せない」

 祖母の助けがあった。一人っ子の小澤さんのために40万円を貯金していてくれた。夜間部の学費は昼間部より60万円ほど安いこともわかった。小澤さんは自宅外通学では最高額の月6万4千円の奨学金を借り、東京理科大学理学部第二部への進学を決めた。

 8時に起き、9時半~14時に紳士服店でアルバイト。16~21時に大学で授業を受け、23時に帰宅する。そんな生活は、半年も続かなかった。

「母親との関係が冷え、下宿先から大学に通いました。教科書代や交通費の負担も大きく、後期の授業料約40万円を準備できませんでした。バイトをしながらでは予習や復習の時間も取れず、中退を決めました」

 それでも、勉強を続けたい。小澤さんの思いを繋ぎ留めたのが、放送大学だった。入学料は2万4千円。大学卒業までに必要な授業料は70万6千円で国立大の平均の3分の1以下。それも、入学時に全額支払う必要はなく、履修する単位分(1単位5500円)を学期ごとに支払う。最大10年間の在籍も認められ、働きながら勉強を続けられる。2018年10月、小澤さんは放送大学に入学した。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック