肉をやめたラッパー・Zeebraが「完全に出オチ」だと思う野菜は…

連載「多彩な野菜」

ZeebraAERA#Zeebra
キクラゲ/ケヤキやニワトコなど広葉樹の枯れ木に生えるキノコ。ほとんどが乾燥させた乾物で流通しているが、プリプリした食感は生キクラゲのほうが上。最近は国内にも生産者が増え、生のものも流通しはじめた。ビタミンDをはじめとするビタミン類、鉄分、カリウムなどを豊富に含む。旬は夏(撮影/写真部・松永卓也)
拡大写真

キクラゲ/ケヤキやニワトコなど広葉樹...

 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【Zeebraが「完全に出オチ」だと思う野菜は…】

*  *  *
 キクラゲって、不思議なやつですよね。まずあのビロビロしたルックス。インパクトがあるわりには、食べるとあんまり味がなくて食感が命です。人に例えると、ちょっと面白い顔をしてるけど、しゃべったらつまんないやつ。完全に出オチですね。

 と言いつつ、結構好きなんですよ。キノコ類が全般に好きなんですが、炒め物に入ってると、比較的初めの方に食べる気がします。例えば八宝菜。もちろん肉抜きでお願いするんですが、まず箸をつけるのは卵、エビ。その次がしいたけ。4番目にキクラゲですね。キクラゲの回で言うのもなんですけど、しいたけには、ちょっと敵わないです。でも白菜やタケノコには勝ってますから。

 キクラゲって中華料理で使うことが多いですよね。中華ってちゃんとしたものを作ろうとすると家庭では難しいから、家でキクラゲを使ったこと、一度もない。かといってカレーに入れてみようかな?とも思わない。味に個性がなさ過ぎて、何かと組み合わせてみようっていう好奇心がわかないのかも。ちょっとかわいそうですね。

AERA 2019年6月17日号

続きを読む

この記事にコメントをする
Zeebra

Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック