日本陸上男子、金メダルの可能性は? 代表争いに国際陸連が新たな制度

2019/05/21 17:00

 日本陸上男子100メートルが熱い。東京オリンピック代表の有力候補として、サニブラウン・ハキーム、桐生祥秀、多田修平、山県亮太、ケンブリッジ飛鳥、飯塚翔太の6名が挙がっている。一方で、世界の選手の動向や国際陸連の新制度など、選手を取り巻く環境は刻一刻と変化している。

あわせて読みたい

  • 課題はスタートの反応と…サニブラウンもうひとつの課題とは? 世界陸上27日開幕

    課題はスタートの反応と…サニブラウンもうひとつの課題とは? 世界陸上27日開幕

    AERA

    9/27

    ボルト超えたサニブラウン「陸上にはまったのは最近のこと」

    ボルト超えたサニブラウン「陸上にはまったのは最近のこと」

    週刊朝日

    8/26

  • メダルの常連、男子400mリレー 気になる「走順」とアンカーの行方

    メダルの常連、男子400mリレー 気になる「走順」とアンカーの行方

    AERA

    7/26

    100メートル9秒台で決勝進出は…サニブラウン、桐生、小池

    100メートル9秒台で決勝進出は…サニブラウン、桐生、小池

    週刊朝日

    8/8

  • 世界陸上で史上初の快挙 日本男子「リレー金」の現実味

    世界陸上で史上初の快挙 日本男子「リレー金」の現実味

    週刊朝日

    8/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す