「分離プラン」で岐路に立つキャリア各社 値引きの切り札とは?

2019/05/16 14:00

 今年10月にも、端末購入時に通信料金の値引きを禁止する「分離プラン」が義務付けられる見込みだ。販売の落ち込みを回避しようと、キャリア各社は料金プランの改定や新しい端末購入サポートなど、あの手この手で模索している。

あわせて読みたい

  • デメリット多い「分離プラン」に総務省がこだわる理由

    デメリット多い「分離プラン」に総務省がこだわる理由

    AERA

    5/16

    新iPhone「2年支払総額」を最速試算 3社と「直販+格安」で最大8万4千円の差

    新iPhone「2年支払総額」を最速試算 3社と「直販+格安」で最大8万4千円の差

    AERA

    9/13

  • 首相ゴリ押し「菅製値下げ」が愚策と言えるこれだけの理由 「端末代より通信代」固執の大罪

    首相ゴリ押し「菅製値下げ」が愚策と言えるこれだけの理由 「端末代より通信代」固執の大罪

    AERA

    10/5

    携帯大手3社が料金見直し「あしき慣行にメスが入る」と関係者

    携帯大手3社が料金見直し「あしき慣行にメスが入る」と関係者

    AERA

    1/25

  • 「代理店も顧客もドコモもみな不幸になる」 “破壊的”格安プランが業界に及ぼす悪影響とは

    「代理店も顧客もドコモもみな不幸になる」 “破壊的”格安プランが業界に及ぼす悪影響とは

    AERA

    12/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す