守られた伝統は2つだけ――異例づくしのメーガン流出産 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

守られた伝統は2つだけ――異例づくしのメーガン流出産

このエントリーをはてなブックマークに追加
多賀幹子AERA
※写真はイメージです(写真/getty images)

※写真はイメージです(写真/getty images)

 結婚当初から独自のスタイルを貫き、世界中の注目を浴びているメーガン妃(37)。

 5月6日に第一子出産が発表されると、ヘンリ-王子(34)とメーガン妃は8日にウィンザー城のセント・ジョージ大広間でお披露目をし、名前はアーチー・ハリソン・マウントバッテン・ウィンザーと発表した。王子に抱かれたアーチー君は白い帽子を深くかぶっていたため、一部から「あまりよく見えなかった」という欲求不満の声もあがったが、ヘンリー王子の“これ以上の幸せはない”といった表情に、イギリス国内は祝福ムードに沸いた。

 と同時に、伝統にとらわれない“メーガン流”の出産スタイルも、注目を浴びている。

 まず病院。メーガン妃は故ダイアナ妃とキャサリン妃(37)が入院したセント・メアリー病院ではなく、フログモア・コテージでの自宅出産を選択、王室専門の産婦人科医も断ったという。37歳の初産なので万が一を心配されたが、ひるまなかった。

 だが、予定日を1週間ほど過ぎたところで医者の指示が入り、自宅出産をあきらめて入院することに。王子と妃と母親のドリアさん(62)は、アメリカ系のポートランド病院に40分ほどかけて車を飛ばしたという。

 出産後は、バッキンガム宮殿の前庭に金色のイーゼル(画架)が設置され、出生証明書をのせるのがイギリス王室の習わしだ。アーチー君の出生証明書も掲示されたが、そこには担当医のサインがなかった。「プライバシーを守りたい」という妃の説明だが、証明書は医師の署名があってこそ効力を発揮すると言われている。

 謎も多い。

 イギリス王室が「メーガン妃が陣痛に入った」と発表したのは、6日午後2時前。ところがそれからわずか30、40分後には、公式インスタグラムに男の子の誕生が発表された。出生時間は、午前5時26分。陣痛報道の8時間以上も前に、生まれていたことになる。

 お披露目会見では、ヘンリー王子がアーチー君を胸に抱きながら「この2週間は……」と語ったことから、「赤ちゃんはすでに2週間前に生まれていたのではないか」という疑念すら生まれた。 


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい