町屋良平×村田諒太「スパーリング対談」 芥川賞作家とプロボクサーが意気投合した理由 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

町屋良平×村田諒太「スパーリング対談」 芥川賞作家とプロボクサーが意気投合した理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木毅AERA
村田諒太(むらた・りょうた、右):1986年生まれ。プロボクサー。中学時代にボクシングを始める。2012年ロンドンオリンピックボクシングミドル級金メダル。13年4月、プロボクサーに。17年10月、WBA世界ミドル級王座獲得/町屋良平(まちや・りょうへい)/1983年生まれ。作家。2016年『青が破れる』で第53回文藝賞を受賞。18年『しき』が第159回芥川賞候補、第40回野間文芸新人賞候補。19年『1R1分34秒』で第160回芥川賞受賞(撮影/写真部・小山幸佑)

村田諒太(むらた・りょうた、右):1986年生まれ。プロボクサー。中学時代にボクシングを始める。2012年ロンドンオリンピックボクシングミドル級金メダル。13年4月、プロボクサーに。17年10月、WBA世界ミドル級王座獲得/町屋良平(まちや・りょうへい)/1983年生まれ。作家。2016年『青が破れる』で第53回文藝賞を受賞。18年『しき』が第159回芥川賞候補、第40回野間文芸新人賞候補。19年『1R1分34秒』で第160回芥川賞受賞(撮影/写真部・小山幸佑)

 ボクシングを題材にした作品で芥川賞を射止めた作家と、再び頂点を目指して捲土重来を期す前世界王者。初めて会った2人は、お互いの拳の感触を確かめ合うかのように、「言葉」と「思考」のスパーリングを始めた。

*  *  *
――対談は、初めてのあいさつもそこそこに、開始のゴングを待つこともなく、ごく自然に始まった。試合に向けたボクサーの心の揺れ動きと成長を描いた『1R1分34秒』(新潮社)で、今年1月に芥川賞を受賞した町屋良平氏(35)と、昨年12月に現役続行を決め、次の試合に向け再起をはかる前WBA世界ミドル級王者でロンドン五輪金メダリストの村田諒太選手(33)。職業的にはまったく毛色の違う同世代の2人は、お互いの興味のまま言葉を重ねた。

村田:ボクサー心理をついた描写が妙にリアルで驚きました。主人公の「夢」がどんどんスケールダウンしていく姿とか。僕は最後のページで、これで彼の「夢」がどこに向かったのか、ということを想像したんですよ。「1R1分34秒」の瞬間に、また「夢」が変わったはず。その姿を考えると、ちょっとニヤッとしてしまうんですよね。

町屋:それはうれしいですね。実は、自分なりに秘めている主人公の今後、みたいなものはあるんです。だけど、それはやっぱり読者の想像に委ねようかなと思っています。

 もともと「結果」を書くつもりはありませんでした。自分には、決まった形を読者に提示しない、つまり、結末がどうなるかは書かず、読者が小説を完成させる、という理想があります。だけど今回はあえて1歩踏み出して、ある一つの結論が読者それぞれに導かれるような「一文」を置いた。迷いのなかの終わらせ方だったんですが、書けてよかったです。

――『1R1分34秒』の主人公は、初戦こそ初回KOで勝利を飾ったものの、その後は3敗1分と伸び悩む21歳のプロボクサー。日本王者だった夢は、徐々にグレードダウンして、いまや「次の試合を敗けない」という状態だ。研究熱心で何事も<あたまで考えすぎ>な彼は真夜中に、敗けた試合のビデオを見返しながら、“ありえたかもしれない”可能性を夢想する。そんな日々が、新しいトレーナーとの出会いで変わっていく。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい