熊本地震から3年 右足義足で「肩身狭い…」震災障害者の本音

2019/04/10 17:00

 地震や災害に遭い、体や心に障害を負う──。「震災障害者」と言われ、1995年の阪神・淡路大震災の支援者らの間で使われ始めた。熊本地震からまもなく3年。地震や豪雨などの災害によって負傷し、 後遺症に悩む「震災障害者」が、支援もなく、孤立感を深めている。

あわせて読みたい

  • 「生きているだけまし」と言われても…知られざる震災障害者の苦悩

    「生きているだけまし」と言われても…知られざる震災障害者の苦悩

    AERA

    4/10

    プロの選択 防災の専門家が住む家に学ぶ

    プロの選択 防災の専門家が住む家に学ぶ

    AERA

    3/9

  • 震度6弱以上の大地震、30年以内に水戸81%、東京47%…専門家「安心できない地域」とは

    震度6弱以上の大地震、30年以内に水戸81%、東京47%…専門家「安心できない地域」とは

    AERA

    6/3

    熊本地震からの復興をあきらめない 原動力は「変わらず、渾々と湧き出る源泉」

    熊本地震からの復興をあきらめない 原動力は「変わらず、渾々と湧き出る源泉」

    AERA

    12/19

  • 熊本地震から3年 復旧・復興への作業続く

    熊本地震から3年 復旧・復興への作業続く

    tenki.jp

    4/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す