エリザベス女王の胸飾りに京都の糸 英映画に日本人のワザ光る (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

エリザベス女王の胸飾りに京都の糸 英映画に日本人のワザ光る

このエントリーをはてなブックマークに追加
稲村美紀AERA
(上)マーゴット・ロビー演じるエリザベスI世。横ラインの胸飾りをベッソンさんが担当した/(下)シアーシャ・ローナン演じるメアリー・スチュアートの衣装は、16世紀にはなかったデニムを使用 (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

(上)マーゴット・ロビー演じるエリザベスI世。横ラインの胸飾りをベッソンさんが担当した/(下)シアーシャ・ローナン演じるメアリー・スチュアートの衣装は、16世紀にはなかったデニムを使用 (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Besson・ちえ/1971年熊本県生まれ。90年代からタレントのニット衣装制作に携わり、2001年の渡英後は地元のデザイナーからブライダルドレスのサンプルづくりを頼まれることも多い(写真:ベッソンさん提供)

Besson・ちえ/1971年熊本県生まれ。90年代からタレントのニット衣装制作に携わり、2001年の渡英後は地元のデザイナーからブライダルドレスのサンプルづくりを頼まれることも多い(写真:ベッソンさん提供)

 最も大変なのは、時間との戦いという。猶予のない注文が多く、直前の変更もあり、納期がタイトになりがちだ。今回の胸飾りのような、同じサイズできめ細かな編み目の飾りを量産する作業は手間がかかり、徹夜に近い日が続いた。

 作業には集中力と時間を要するため、厳しい納期の場合は、やむなく断るケースもある。
「某大物俳優さんの衣装だったんだよ、と後から教えられ、うわー残念!なんてこともありますが、しょうがないですね」

 幼い時から筆箱や巾着袋など、なんでも自分で作るのが大好きだったというベッソンさん。日本では1990年代からPUFFYや松本人志さんらタレントの広告用のニット衣装を手がけ、01年からは英国で地元デザイナーのサンプルを製作したり、ファッションショーに参加したりしている。

 映画の衣装に携わったのは、豪華キャストで話題となった17年公開の「オリエント急行殺人事件」から。この作品の衣装デザインもバーンさんが担当で、再びのチーム入りは「人との出会いと与えられる機会を大切にしている」ことが生きた。

「若い時は自分のデザインでものを作りたかったけれど、人のビジョンを具現化することは誰もが出来るわけではないとわかったいま、毎回ベストを尽くし、クライアントが『これだ!』というものを提供していきたい」

(在英ライター・稲村美紀)

AERA 2019年3月18日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい