震災後の福島描く漫画、いま舞台化する意味 萩尾望都×倉田淳

2019/03/07 08:00

 原発事故後の福島をテーマに萩尾望都さんが描いた漫画『なのはな』が舞台化された。東日本大震災から8年。脚本・演出を手がけた倉田淳さんは、「風化に抗いたい」と話す。

あわせて読みたい

  • 【後編】『王妃マルゴ』を企画したきっかけとは…萩尾望都が明かす

    【後編】『王妃マルゴ』を企画したきっかけとは…萩尾望都が明かす

    週刊朝日

    7/22

    【前編】『ポーの一族』続編のきっかけは“有名作家”の…萩尾望都が明かす

    【前編】『ポーの一族』続編のきっかけは“有名作家”の…萩尾望都が明かす

    週刊朝日

    7/22

  • 「線はイメージと筋力で描く」“少女漫画の神様”萩尾望都が語る作画への思い

    「線はイメージと筋力で描く」“少女漫画の神様”萩尾望都が語る作画への思い

    AERA

    7/28

    「フクシマ」は差別? 現地の人を苦しめるカタカナ表記

    「フクシマ」は差別? 現地の人を苦しめるカタカナ表記

    週刊朝日

    11/28

  • 漫画家・萩尾望都が初めて明かす、大泉での共同生活。美化される友情物語の真実とは――

    漫画家・萩尾望都が初めて明かす、大泉での共同生活。美化される友情物語の真実とは――

    BOOKSTAND

    5/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す