SEKAI NO OWARI、ライブの水面下で始動していたプロジェクトとは 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

SEKAI NO OWARI、ライブの水面下で始動していたプロジェクトとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
柴那典AERA

 4年ぶりにアルバム「Eye」「Lip」を2枚同時リリースしたSEKAI NO OWARIがAERAに登場。きらびやかなライブを繰り広げる一方で、新たなプロジェクトを進めている彼らに、今後の展望聞いた。

*  *  *
 まるで終わらない文化祭のようだ──。

 およそ10年前。まだ誰も知らない頃のSEKAI NO OWARIの4人に会ってそう感じたことを今でも覚えている。場所は工場を改築した地下のライブハウス。デビュー前の4人はそこで一緒に暮らしていた。仲間が集まる拠点を作ろうと自分たちで物件を探し、内装も自ら手掛けた、秘密基地のような場所だった。

 人気バンドとなった後も、スタジオを備えたシェアハウスでの共同生活は続いた。メンバーのSaoriとNakajin、DJ LOVEが家庭を持った今も「セカオワハウス」と呼ばれるその場所は、4人が集まり共同制作する拠点になっている。

「根本的には人と美味い酒が飲めるから生きてると思ってます」(Fukase)

 セカオワの人気の秘密は楽曲だけでなく、テーマパークのような異世界空間を現出させるライブにもある。

「コンセプトからステージセット、会場で売るグッズや食事の内容まで自分たちで考えています」(Fukase)

 コンセプチュアルなライブを繰り広げる一方で、水面下のプロジェクトも進んでいた。「End of the World」名義でのゼロからの海外進出を目指し、英語でのレコーディングの特訓を積んでいた。

「4年前から英語を喋れる人たちと一緒に住むようになりました。英語に合うメロディーは日本語に合うものとは違う。日本語で歌ったものを英語にするのではなく、英語でメロディーが生まれてこないとダメなんだという発想でした」(Fukase)

 4年ぶりの新作アルバムは「Eye」「Lip」の2枚同時発売。さらに海外でのデビュー作「Chameleon」もリリースを控える。単なるバンドというより、運命共同体のような4人。そのファンタジックな物語は、まだまだ続く。(音楽ジャーナリスト・柴那典)

AERA 2019年3月11日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい