貯金一切できない年収557万円世帯 “毎月3万”が老後救う? (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

貯金一切できない年収557万円世帯 “毎月3万”が老後救う?

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
3人の子どもに恵まれたが、貯金が全くできずに不安ばかりつのる。横山さんは「まだ若いから、これから家計を改善すれば大丈夫」と励ます(撮影/写真部・小山幸佑)

3人の子どもに恵まれたが、貯金が全くできずに不安ばかりつのる。横山さんは「まだ若いから、これから家計を改善すれば大丈夫」と励ます(撮影/写真部・小山幸佑)

FP横山さんの診断結果【ムダ保険発見】(AERA 2019年2月25日号より)

FP横山さんの診断結果【ムダ保険発見】(AERA 2019年2月25日号より)

【家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー(FP)】横山光昭さん(47)/マイエフピー代表取締役。『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)が60万部突破。家計を無理なく改善させる独自のプログラムで、1万5千人以上の家計を再生(撮影/写真部・小山幸佑)

【家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー(FP)】横山光昭さん(47)/マイエフピー代表取締役。『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)が60万部突破。家計を無理なく改善させる独自のプログラムで、1万5千人以上の家計を再生(撮影/写真部・小山幸佑)

 収入の多寡にかかわらず、皆がお金の不安や問題を抱えている。無駄な支出をラクに減らし、老後不安を解消するポイントは? ファイナンシャルプランナーのカリスマが家計を診断。家計リフォームの極意を伝授する。

【図を見る】ムダ保険発見!貯金が一切できない年収557万円家族のケース

*  *  *
「老後貧乏」が不安だから……と、過度な節約に励んだり、無茶な投資を始めたりしても根本的な解決にはならない。家計再生コンサルタントで、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんは「節約や投資と騒ぐ前に、現状把握ができていない人が多いんですよね」という。

 今年1月、AERA編集部はネットを通じて家計診断の希望者を募集。問題を抱える3世帯の各世帯のお金の出入りを精査すると、使途不明金や過剰な保険による6万~7万円のムダが見つかった。

 プロの目でチェックしたからこそ大きな金額を発見できたが、あなたもこの特集を片手に通帳や保険証券をチェックしてほしい。どんな家計にも、本来は出て行かずに済むお金が3万円ぐらいはあるものだ。そのお金を銀行に預けるか、低リスク運用に回すか、漫然と浪費するか。たかが3万円、されど3万円。これまで見逃していた3万円が、不安な老後を救う。

●使途不明金7万4千円 貯金が一切できない年収557万円の5人家族

 3人目を出産したばかりの34歳女性。春からの復職と保育園も決まり胸をなで下ろしているが、家族が増えたことでお金の不安が増した。現時点で貯蓄は20万円。3人の子どもの教育費をつくるため資産運用にも興味があり、そのお金を捻出するためにも家計を改善したいという。

 診断前に支出額とその内訳を細かく書き出してもらったが、収支が合わない……。

 月の手取り収入は夫婦合わせて38万円。ここから生活費や保険料などの支出額は31万円弱で収まるはずで、毎月7万4千円が余る計算だ。しかし何に使ったかわからない。新婚のころから夫婦の財布は別にしてきた。家賃と光熱費は夫が払い、食費や日用品は妻が払う。お互いのお金の使い方は把握していない。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい