ラッパー・Zeebra、春菊はマストでも「遠慮しながら食べる鍋はイヤ」

連載「多彩な野菜」

ZeebraAERA#Zeebra
春菊/春に黄色い花をつけ、葉の形が菊に似ていることから春菊の名がついた。関西では「菊菜」とも。肉厚な大葉種と香りの強い中葉種があり、多く流通しているのは中葉種。独特の香りは自律神経に作用し、食欲を増進させる。カルシウムや鉄、βカロテンも豊富なので、貧血予防、抗酸化作用、皮膚や粘膜の保護にも効果的(撮影/写真部・松永卓也)
拡大写真

春菊/春に黄色い花をつけ、葉の形が菊...

 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
 春菊といえば鍋。僕、実は鍋料理があまり好きじゃないんです。鍋って普通、いろんな具材をまんべんなく食べるものですよね。特に寄せ鍋系は。だけど僕は「これを食べる!」って決めたメインの具をおかずにして、白いごはんが食べたいタイプなんです。だから鍋の中でも、つい魚とかエビとかに手が伸びてしまう。でもそういう主役の具って数が限られていて、下手をしたら人数分しか入ってないから、他の人の分まで取るわけにはいかない。そうやって遠慮しながら食べるのが、なんだかイヤなんですよね。

 お店ではお酒を飲みながらつまみとして食べるので、まだ何とかなるのですが、僕、家でほとんど飲まないので、我が家では鍋は年に1回か2回やるかどうかです。鍋は締めの雑炊がおいしい、なんて言いますけど、僕、締めまでごはんを待てないんですよ。

 でも、家で鍋をするとき春菊はマストで入れます。好きで入れるわけじゃなく、春菊は入れるもんだよね? って感じ。他の具が白っぽいなかで、濃い緑色が欲しいと感じちゃうんでしょうね。

AERA 2019年2月11日号

続きを読む

この記事にコメントをする
Zeebra

Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック