革命を目指す東大生も…あえて「左翼」「右翼」に飛び込む若者たち

野村昌二AERA

昨年10月24日、国会を背に改憲阻止を訴える高... (17:00)AERA

昨年10月24日、国会を背に改憲阻止を訴える高... (17:00)AERA
 イデオロギーが存在意義をなくし、正論を振りかざす時代ではなくなった。それでもいま、「左翼」や「右翼」の活動に身を投じる若者がいる。彼らの目指すものは、思いとは。4人の若者を追った。

【この記事のその他の写真はこちら】

*  *  *
「革命」を目指す東大生がいる。

 高原恭平(きょうへい=22)。私立の武蔵高校(東京都)出身で、現役で東大に合格。2年留年したので、いま教養学部2年生。そしてもう一つの顔が、警察庁から「過激派」と認定されている「中核派全学連」の委員長だ。昨年9月、現役東大生として初の中核派全学連委員長となった。

「国家権力は暴力装置。そのブルジョア国家に独占されている暴力を自分たちの手で奪還して、職場やキャンパスで労働者や学生が主役になって自らの手で運営していく社会、本当の意味での労働者が主役の社会の実現を目指す。そのためには暴力革命しかありません」

 柔和な語り口ながら、内容は「過激」だ。中核派の拠点「前進社」(東京都江戸川区)に住み込み、デモや街宣活動を続けながら大学にも通う。

 政治に関心を持ったのは小学生のとき。同級生と「政党」をつくって遊んだ。当時の小泉純一郎政権下、郵政民営化や新自由主義の台頭で弱者が虐げられていると感じた。高校でマルクスやレーニンを読み、内容が分からないながらも社会主義思想に関心を持つようになったという。

 2015年、東大に入学すると不透明な自治会費の集め方に問題があると思い、これを変えたいと自治会役員になった。やがて自治会活動を通じて、さまざまな大学当局の問題点を目の当たりにする。東大駒場キャンパスでの立て看板規制、産学連携による東大の東京五輪への協力……。大学の自治が奪われている。それらを批判するビラを撒(ま)いたりしていると、中核派からツイッターを通じて「オルグ」が来た。

「一度会って、討論しませんか」

 初めは距離を置いていたが、一人の活動に限界を感じ、17年夏に中核派全学連に加入した。高原は言う。

「右翼を含め、学生自治会の再建と、東京五輪を『やめろ』とそこまでしっかり踏み込んで主張しているのは中核派だけ。彼らが運営する『前進チャンネル』や撒かれたビラのクオリティーも見て、なかなか真面目にやっているというのが伝わってきたので、だったら一緒にやるか、と」

 中核派は1963年に結成。革マル、革労協とともに新左翼の主要三過激派の一派だ。マルクスやレーニンの革命理論をもとに、暴力によるプロレタリア革命で共産主義体制の実現を目指す。非公然組織「革命軍」を持ち、「国家転覆」を唱え皇居などに向けロケット弾を発射した。革マルとは内ゲバによる殺人を繰り返し、双方で100人以上の死者を出したことでも知られる。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック