61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記 (3/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記

連載「61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記」

このエントリーをはてなブックマークに追加
福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

入社して1カ月後のオフサイトミーティングで言った逗子海岸での一コマ。新入社員(私と本当の新卒女性社員)も入ったので、「今年1年みんなで頑張るぞー」的な、青春ドラマのような一枚。(左から3人目が私、4人目が代表)

入社して1カ月後のオフサイトミーティングで言った逗子海岸での一コマ。新入社員(私と本当の新卒女性社員)も入ったので、「今年1年みんなで頑張るぞー」的な、青春ドラマのような一枚。(左から3人目が私、4人目が代表)

「プログラミング教育の普及を一緒にやりませんか」――そう利根川代表に声をかけられた時、自分でもびっくりするほど心は固まっていた。あとから、「本当に来るとは思いませんでしたよ」とボスに言われてしまったのだが……。

 そして私は昨年の4月より、「みんなのコード」の「指導者養成主任講師」となって、全国の教育委員会や小学校を行脚することになったのである。「みんなのコード」が目指すのは、「2021年3月末までの3年間で、全国各地において約100回以上の『プログラミング指導教員養成塾』を開講し、全国で計2000人のプログラミング指導教員を養成する」という大きな計画だ。

 私もそのミッションの乗組員の一員となった。以前のような船頭ではなく、あくまで一船員としての参加だ。

 そこではどんな新たな景色が見られるのか――。私なりにレポートしていきたいと思う。


トップにもどる AERA記事一覧

福田晴一

福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい