ラグビー日本代表の“ニューパワー”姫野和樹の恐るべき才能 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラグビー日本代表の“ニューパワー”姫野和樹の恐るべき才能

このエントリーをはてなブックマークに追加
島沢優子AERA

姫野和樹選手 (c)朝日新聞社

姫野和樹選手 (c)朝日新聞社

ラグビーワールドカップ2019試合開催会場(AERA 2019年1月14日号より)

ラグビーワールドカップ2019試合開催会場(AERA 2019年1月14日号より)

 大学はもちろん、高校でも、姫野の才能は大事に育てられた。

「中学で初めてみたとき、子どものなかに大人が入っているのかと思った。それほど抜きん出ていた」と振り返る中部大春日丘高校の宮地真監督(53)は、姫野を他部員のタックル練習に加わらせなかった。

「他の選手がけがをする(笑)。それに本人が変に加減するのも良くない。遠慮してタックルをする癖をつけさせたくなかった」

 トヨタのキャプテンに指名されたとき、すぐにメールがきた。メディアやファンの間では驚きをもって受け止められたが、本人は冷静だった。

「なぜ自分が任されるのかはわかっている、と書いてあった。自分が失敗しても、それを周りがカバーすることで一体感が生まれると理解しているようでした。彼は自分でいろいろ考えてやるタイプ。これからもっと成長できると思う」と期待を寄せる。

 前季からトヨタでメンタルコーチを務める荒木香織さんのサポートを受ける。エディージャパンのマインドセットを作り上げたこの道の第一人者。姫野は「影響は大きいです。自分で考えながら、自分に合うマインドセットを固めて自分の中に芯を作りたい。自分なりに成長しているとは思うが、まだまだ甘さがある。そこを突き詰めて、もっといい選手になりたい」と表情を引き締めた。

 もうひとり、姫野にとって偉大なインフルエンサーは、チームの心臓として常にハードワークする日本代表主将でFLのリーチマイケル(30)だろう。仮にリーチとともにFLを形成するには、外国出身の選手とも日本代表の座を争わなくてはならない。

 選手らの熱い戦いとともに、大会への注目度も日増しに高まる。1月には3万8千人から1万人に絞られたボランティアスタッフの発表もある。キックオフの瞬間が待ち遠しい。(ライター・島沢優子)

AERA 2019年1月14日号


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい