「ハリポタ」「ファンタビ」の世界観に魔法をかける小道具の存在とは? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ハリポタ」「ファンタビ」の世界観に魔法をかける小道具の存在とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
斉藤真紀子AERA
Pierre Bohanna/1969年、英国生まれ。これまでに「ゼロ・グラビティ」「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」など超大作の小道具を手がけた(撮影/品田裕美)

Pierre Bohanna/1969年、英国生まれ。これまでに「ゼロ・グラビティ」「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」など超大作の小道具を手がけた(撮影/品田裕美)

映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は、シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者の主人公(エディ・レッドメイン=写真)が、恩師(ジュード・ロウ)に説得されて強敵の魔法使い(ジョニー・デップ)と戦う。全国公開中 (c)2018 Warner Bros.Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c)J.K.R.

映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は、シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者の主人公(エディ・レッドメイン=写真)が、恩師(ジュード・ロウ)に説得されて強敵の魔法使い(ジョニー・デップ)と戦う。全国公開中 (c)2018 Warner Bros.Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c)J.K.R.

「ハリー・ポッター」に第1作から関わるボハナさんにとっても、毎回が新しい挑戦。支えになるのは、長年一緒に取り組んできたチームの存在だ。

 そもそも、車や船をつくる見習いだったボハナさん。エンジニアとして、ものづくりに携わっていた。その後コマーシャルの制作を経て、いまの仕事に。
「職種は違うけれど、ものづくりとチームワークの経験がすべて今に生かされている」

 そんなボハナさんが大切にしているのは、人がモノに対して感じる「愛着」の部分だ。

「私たちは充実した機能だけを求めて何かを手に入れたいと思わない。色づかいや形などに心を動かされる。小道具も、ただの道具ではありません」
 アイデアや議論を積み重ね、試作を繰り返してこそ、人間の感性に訴える魅力が宿る。

 ヒントにしているのは、日本の「ものづくり」だ。ボハナさんは皿や湯飲みなど、日本の陶磁器が大好き。小さいころは日本のアニメを観て育ち、ゴジラの大ファンだった。今も、魔術をテーマにした日本の映画作品からインスピレーションを得る。

「魔法とは予想を裏切られる驚き。私たちの生活とともにある」

 小道具製作は大変だけど「面白くてやめられない」というボハナさん。その理由は、ものづくりを通じて驚きを演出するワクワク感にある。(ライター・斉藤真紀子)

AERA 2018年12月3日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい