職場でありがちな“不幸な飲み会” 原因は「時間知覚のズレ」

働き方

2018/12/01 16:00

「座る位置からくるステータスシンボルは作らないようにしましょう。つまり、上座・下座といった考え方をやめて、自由に座ったほうがいい。上座に上司が座ると、その人を優先しなければならないというタテマエが生まれます。フランクな立場で本音を話そうという意思を、まずは場所で示すのです」

 次に、上司側の話し方だ。堀田教授は言う。

「話し方や態度などでどれだけ相手と対等な立場を保てるか。上下関係をなくす工夫が必要です。話し手本人が、会社の上下関係を飲み会の席に持ち込んではいけません」

 話すテーマも重要だ。武勇伝は代表的なNGトークだ。

「先輩として言っておくけど……みたいな話は最悪です。本人はよかれと思っていても、相手は叱責されたと感じてしまいます。対等の立場でサッカーの話でもしていたほうが、両方がハッピーです」

「飲みニケーション」には様々な効果がある。上司も部下もセクハラ・パワハラ抜きで楽しめる飲み会を目指したい。(編集部・川口穣)

AERA 2018年12月3日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 上司も部下も飲み会が苦手? 「幸せな飲み」のコツは会話の“型”

    上司も部下も飲み会が苦手? 「幸せな飲み」のコツは会話の“型”

    AERA

    12/1

    怖がりすぎ? 「セクハラ認定が怖くて職場恋愛できない」男たち

    怖がりすぎ? 「セクハラ認定が怖くて職場恋愛できない」男たち

    AERA

    7/27

  • 部長、その恋愛はセクハラです!

    部長、その恋愛はセクハラです!

    週刊朝日

    5/16

    もはや社内だけじゃない「取引先」のセクハラにも注意

    もはや社内だけじゃない「取引先」のセクハラにも注意

    AERA

    4/30

  • 「セ・パ交流戦」「あの人、山根会長」 上司に隠れて若手が“隠語”を使う本当の理由

    「セ・パ交流戦」「あの人、山根会長」 上司に隠れて若手が“隠語”を使う本当の理由

    AERA

    10/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す