東浩紀、「ブトヴォ射撃場」跡の記念碑訪れ「迫力すさまじい」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

東浩紀、「ブトヴォ射撃場」跡の記念碑訪れ「迫力すさまじい」

連載「eyes 東浩紀」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東浩紀AERA#東浩紀

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン代表。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン代表。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

ソ連共産党の書記長になったスターリン(左端)は独裁的な権力をふるう。この写真に写る3人の党幹部はその後いずれも粛清、処刑された(1925年撮影) (c)朝日新聞社

ソ連共産党の書記長になったスターリン(左端)は独裁的な権力をふるう。この写真に写る3人の党幹部はその後いずれも粛清、処刑された(1925年撮影) (c)朝日新聞社

 批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。

*  *  *
 前回に引き続きロシア取材の話をしたい。プーチン政権は2015年に、「政治的抑圧の犠牲者」についての記憶保存を積極的に推進する政策を発表している。とりわけ昨年は革命から100年、スターリンの大粛清から80年で、ロシア国内では複数の記念碑が設置された。そのひとつ、モスクワの郊外にある「ブトヴォ射撃場」跡の記念碑を訪れた。

 同射撃場は1937年から38年にかけて2万人以上が銃殺され埋められた現場で、現在は記念公園になっている。

 記念碑は、高さ2メートルの花崗岩の壁が左右に150メートル続く回廊状の構造で、正面から見て左に37年、右に38年、合計2万762人の犠牲者の名前が刻まれている。この記念碑が印象的なのは、すべての銃殺の日付が特定されていることだ。37年8月8日から38年10月19日まで、日ごとに死者の名が刻まれている。その迫力はすさまじい。

 このような記念碑制作の背景には、国家政策だけでなく、市民運動の分厚い蓄積がある。その代表的存在である「メモリアル」は、ソ連時代の銃殺リストをネットで公開し、犠牲者名で検索可能にしているほか、モスクワ市内の監獄や処刑地跡を一覧できるインタラクティブマップも提供している。

 かつて柳田國男が指摘したように、日本では伝統的に、死者の魂は固有名を失って「みたま様」に融(と)けこむものだと考えられてきた。実際靖国神社は、戦犯も一般軍人もみなひとつの神霊に統合して祀っており、それは政治問題にもなっている。そのような国民性からすれば、犠牲者の名前や日時にこだわるロシア人の情熱は、過剰に見えるかもしれない。しかし、すべてを「みたま様」に還元するのでは、なかなか記憶が継承されないのもたしかだ。

 そして、もうひとつ重要なのは、ブトヴォの記念碑にせよメモリアルの活動にせよ、しっかりとした公文書管理の体制があるからこそ可能になっていることである。ロシアでは80年前の銃殺リストが保存され検索可能となっている。80年後の日本で、現在の公文書はどれほど保存されているだろう。心許ないのはぼくだけではあるまい。

※AERA 2018年12月3日号


トップにもどる AERA記事一覧

東浩紀

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン代表。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい