羽生結弦  右足首負傷も“ロシア”での滑りを決断した理由 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

羽生結弦  右足首負傷も“ロシア”での滑りを決断した理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉永岳央AERA#羽生結弦
SPで今季世界最高得点を更新する演技を見せた羽生。フリーもそろえられるよう頑張ると誓っていたが、突然の怪我が羽生を襲った (c)朝日新聞社

SPで今季世界最高得点を更新する演技を見せた羽生。フリーもそろえられるよう頑張ると誓っていたが、突然の怪我が羽生を襲った (c)朝日新聞社

「僕のスケートのルーツは、たどっていくとロシア」

「自分らしく」がテーマの今季。プログラムに選んだ曲は、SPもフリーもいずれもロシアと縁が深い。フリーは子どもの頃から憧れてきたロシアのエフゲニー・プルシェンコがかつて演じた「ニジンスキーに捧ぐ」のアレンジ版。だからこそ、

「ここで良い演技をしたいなっていう気持ちが強い。ロシアのファンの方々に喜んでもらえる演技がしたい」

 SPは元全米王者ジョニー・ウィアーの代表プログラム「秋によせて」。元の振り付けをしたのは、会場にも訪れていたロシアのタチアナ・タラソワ氏だ。

 とはいえ、右足首に無理を重ねれば長引く可能性は高い。昨季は12月の全日本選手権を欠場。今年2月の平昌五輪では金メダルをさらったが、3月の世界選手権は回避せざるを得なかった。だが、決断は早かった。

「(自分は)何がしたくて、何を削るのか」

 午後1時50分すぎ、ヘアスタイルを本番モードに整えて、再び会場入り。痛み止めを服用してリンクに上がると、狙っていた構成を柔軟に変えていった。

 変更後の演技プランは、転倒した直後に氷上ですでに練ってある。実は、「何かを考え込むように」リンクを数周回ったのは、ジャンプの構成のイメージを作り直すためだった。冒頭、右足に負担のかかる4回転ループをサルコーに変更。後半に組み込んでいた超高難度の4回転トーループ-3回転半(トリプルアクセル)も跳ばなかった。

「やったことのない構成もあって難しかった」

 と言う通り、得意なトリプルアクセルで転倒するなど精彩は欠いた。だが、痛む右足を抱えての4分間を終え、フィニッシュの姿勢のまま羽生は、「頑張った!」と自らをたたえた。

 167.89点。2位に10ポイント近い差をつけ、SPの貯金に頼ることなくリードをさらに広げて合計278.42点でGPシリーズ自身初の連勝(ファイナルを除く)と、日本男子単独最多となる通算10勝目(ファイナル含む)を勝ち取ってみせた。

 ただ、納得の内容ではないことは本人が一番分かっている。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい