小島慶子「今の日本に必要なのは、安心できる大人の友情なのでは」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小島慶子「今の日本に必要なのは、安心できる大人の友情なのでは」

連載「幸複のススメ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小島慶子AERA#恋愛
小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『歳を取るのも悪くない』(養老孟司氏との共著、中公新書ラクレ)、『幸せな結婚』(新潮社)

小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『歳を取るのも悪くない』(養老孟司氏との共著、中公新書ラクレ)、『幸せな結婚』(新潮社)

写真:gettyimages

写真:gettyimages

 この三つがうまくいかないまま成人して家庭を持つと、夫婦が破綻したり子どもに手をあげたりしてしまうことがあるのだとか。

 でも、大人になってからもやり直しはできるそうです。女子会なんか、まさにそれだというのです。青年期にやり損ねたenvy(羨望)体験を積む場なのだと。確かに私も40代になってから、尊敬できる素敵な女友達が増えました。私にはできないことをしている友人たちは本当に眩しいし、では自分は身の丈で頑張ろう!と素直に思えます。

「本当はjealousyの克服もやり直すといいのだが、恋愛が難しいならこのenvyの経験だけでもするといい。そうしたらやがてintimacyの心境に至れるはずだよ。こんなことを言っているのは私だけだがね」と老精神科医は笑いました。パワハラ上司の背景にもこの三つの要素の未成熟があるだろう、とも。

 女性も男性も、今の日本に必要なのは、安心できる大人の友情なのかも。

AERA 2018年11月19日号


トップにもどる AERA記事一覧

小島慶子

小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『幸せな結婚』(新潮社)。対談集『さよなら!ハラスメント』(晶文社)が発売中

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい