女性が1人で人形を操る「乙女文楽」 舞台が映す現代性

2018/11/11 16:00

 宝塚少女歌劇が生まれた頃に誕生した「乙女文楽」。女性が1人で人形を動かすことで生まれる現代性とはなにか。結成から50年を迎えた「ひとみ座乙女文楽」の舞台で浮かび上がった。

あわせて読みたい

  • 「死ぬ思い」「地獄」…中村勘九郎、七之助と父・勘三郎の思い出

    「死ぬ思い」「地獄」…中村勘九郎、七之助と父・勘三郎の思い出

    週刊朝日

    2/14

    文楽一筋30年、初のバイト生活…コロナ禍で挑戦を続ける伝統芸能で生きる人々の現在

    文楽一筋30年、初のバイト生活…コロナ禍で挑戦を続ける伝統芸能で生きる人々の現在

    AERA

    6/2

  • 『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』

    『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』

    週刊朝日

    9/27

    人間と植物が夫婦!? 江戸のファンタジーとは?

    人間と植物が夫婦!? 江戸のファンタジーとは?

    週刊朝日

    11/29

  • 「文楽を神棚からちゃぶ台に戻したい」 文楽入門の決定版はこうして生まれた

    「文楽を神棚からちゃぶ台に戻したい」 文楽入門の決定版はこうして生まれた

    AERA

    4/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す