中学時代に親が若年性認知症に…介護を手伝う子どもの胸中は?

ヘルス

2018/11/10 07:00

 若年性認知症の親を持つ子どもは仕事と介護に奔走する親を見て、家事や病院の付き添い、きょうだいの世話、入浴やトイレの介助などを手伝う。こうした18歳未満の介護家族は「ヤングケアラー(子どもケアラー)」と呼ばれている。

あわせて読みたい

  • 認知症介護は“なりきり”も大事 プロが教える上手な対応

    認知症介護は“なりきり”も大事 プロが教える上手な対応

    AERA

    11/12

    本当はうつや他の病気? 30~40代が陥る“認知症恐怖”

    本当はうつや他の病気? 30~40代が陥る“認知症恐怖”

    週刊朝日

    4/4

  • 会社をやめざるをえず「もう耐えられない」 若年性認知症の母をもつ娘の悲痛

    会社をやめざるをえず「もう耐えられない」 若年性認知症の母をもつ娘の悲痛

    週刊朝日

    9/5

    見落とされがちな若年性アルツハイマー 遺伝的な要因も

    見落とされがちな若年性アルツハイマー 遺伝的な要因も

    週刊朝日

    10/12

  • 働き盛りを襲う若年認知症 「認知症でも働ける制度」知る事が重要

    働き盛りを襲う若年認知症 「認知症でも働ける制度」知る事が重要

    AERA

    11/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す