「異常気象」解決のカギは国ではなく市民 カール・ポープ×国谷裕子対談

2018/11/09 07:00

 10月中旬、米国環境保護団体シエラクラブの最高執行役員兼会長を務めたカール・ポープ氏が東京を訪れた。自著『HOPE 都市・企業・市民による気候変動総力戦』(ダイヤモンド社)の同17日の翻訳出版にあわせた来日だ。元ニューヨーク市長で国連気候変動特別大使のマイケル・ブルームバーグ氏と共著した同書では、世界中で起きている異常気象の仕組みや背景を詳細に説明している。その上で、気候変動の解決策は、議論先行で進捗(しんちょく)が遅い国家間の交渉に委ねるのではなく、都市や企業、市民による取り組みの総合力がカギになると、具体例を出しながら訴えている。

あわせて読みたい

  • 温室効果ガス46%削減 実現には今すぐできる「屋根置き太陽光発電」がカギ

    温室効果ガス46%削減 実現には今すぐできる「屋根置き太陽光発電」がカギ

    AERA

    6/28

    CO2排出量が少ない市町村ランキング 意外、東京・小金井3位

    CO2排出量が少ない市町村ランキング 意外、東京・小金井3位

    週刊朝日

    9/2

  • トランプ大統領の無視できない破壊力 COP24に「刺客」送り込み挑発、妨害工作… 

    トランプ大統領の無視できない破壊力 COP24に「刺客」送り込み挑発、妨害工作… 

    AERA

    12/19

    株価にも影響する“脱炭素” 専門家は「早く取り組むほど損失減」

    株価にも影響する“脱炭素” 専門家は「早く取り組むほど損失減」

    週刊朝日

    6/4

  • 気候危機をどう防ぐ? 「パリ協定」スタートも足並みがそろわない理由

    気候危機をどう防ぐ? 「パリ協定」スタートも足並みがそろわない理由

    AERA

    2/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す